ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(5)

ディーニュからの列車(ニース駅)
(支線)アノ→ニース

 アノを発車すると、列車はさらに峡谷を下る。初めはずっと下に見えていた谷底に、あっという間に着いてしまう。16時12分、Saint-Benoit Pont de Gueydanに停車。まもなく峡谷はヴァール川に合流する。そして16時18分、列車はアントルヴォーに停車。

 列車はヴァール川に沿って東に進む。16時27分、ピュジエ・テニエに停車。やはりと言うべきか、往きの列車でSLに乗るため下車したと思われる多数の乗客が、今度は一気に乗ってくる。車内はあっという間に超満員に・・・。川は蛇行しながら、その川筋を広げる。乗客を満載した列車はよく揺れる。16時38分、Touet sur Var、次いで16時49分、Villars sur Varに停車。

 ここから川は一気に狭くなって峡谷となる。列車もますます揺れる・・・。17時3分、La Tinee Arret、17時8分、Levens Plan du Varに停車。

 Levens Plan du Varを出ると、峡谷は後退して辺りが開ける。この辺りでは、往きの列車に続々と乗客が乗ってきたのと見事に対応して、一駅ごとに乗客が少なくなってゆき、超満員だった車内にもようやく余裕が生まれる。17時28分、Lingostiereに停車。ここでようやく対向列車と遭遇。

 列車はヴァール川から離れて東に向かうと、丘を貫くトンネルを抜け、17時38分にマドレーヌに停車。既にニースの市街地であり、丘の斜面には住宅が立ち並ぶ。そしてこれらの丘の下のトンネルを抜けると、いよいよニースに到着する。17時54分。単純に往復するだけで1日を費やしてしまった。プロヴァンス鉄道、恐るべしである。

続く
目次へ

"ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(5)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント