沖縄旅行-日本最南端・最西端の駅と美ら海を訪ねて(4)

画像
2日目

万座毛

 今日は一日バスツアーに参加することにした。「ゆいレール」が通っているのは那覇市内だけであり、その他の町には車での移動が不可欠で、バスツアーであれば観光ポイントを要領良く回ることができるからだ。
 那覇を出発したバスは国道58号線を北上する。途中に嘉手納の広大な米軍基地が右手に見える。まず、「琉球村」というテーマパークへ。沖縄の古い民家などを見る。
 その後、万座毛へと向かう。道のすぐ左手に海が見えてきた。青い空と海、沖縄で見たかったものが今ここにある。しかも、それはバスが進んでも途切れることなくずっと続いている。
 万座毛に到着。バスを降りると強い日差しが容赦無く降り注ぐ。サングラスをかけないと目が痛くなるほどだ。だが、そこには裸眼で見なくてはならない風景が広がる。は一口に「青」と言えないくらい多彩なグラデーションを成し、陸地は多様な形をした岩緑の草原とでそれに応えているかのようだ。7月でも数少ない快晴の日にここに来れたことは、本当に幸運である。

アルバムへ
続く
目次へ

那覇市~恩納村


万座毛

"沖縄旅行-日本最南端・最西端の駅と美ら海を訪ねて(4)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント