日本横断鉄道旅行(最東端の駅→本土最西端の駅)(6)

画像
帯広→新得(根室本線)

 釧路から乗ってきた列車は、帯広で20分以上停車する。その時間を利用して駅前に出る。日曜の朝ということもあってか、人通りは少ない。あまり時間がないので、駅前を少し歩いただけでホームに戻る。池田から連結していた列車が切り離されていた。
 9時20分、帯広を出発。ここから快速列車となる。広大な大地に作物が豊かに実り、朝日を受けて輝いている。見ていて気持ちがいい。10時13分、新得に到着。鉄道はここから二手に分かれる。一つは富良野を経由して滝川に向かい(根室本線)、もう一つは夕張方面へ向かう(石勝線)。この列車は滝川行きだ。私は石勝線に乗るので、ここで下車する。

アルバムへ
続く
目次へ

"日本横断鉄道旅行(最東端の駅→本土最西端の駅)(6)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント