ヨーロッパ横断鉄道旅行-第15弾(マルセイユ→バルセロナ)(16)

カタルーニャ音楽堂(2).jpg
灰男

 この日泊まったホテルは、バルセロナの中心部ではなく、空港近くにあった。そのことが、その夜起きたことを悲劇にもしたし、一方で出費を最小限に抑えたとも言える。

 前述の通り、この日の出発は朝遅く、それゆえに夜はどこかに行こうという気持ちが強かった。それでホテルに着くや否や、ネットでとあるチケットを買ったのだ。そこから、私のスケジュールは一気にタイトになった。

 まず洗濯。ホテルの周辺は新しい造成地のようで、コインランドリーなどなかった。それで、1月ばかり前の記憶を頼りにコインランドリーの旅に出かける。これが15時過ぎ。地下鉄を乗り継いで約1時間、コインランドリーは記憶通りの場所で、期待通りに営業していた。無事に旅を終えてホテルに戻るともう18時を回っていた。

 少しばかり休憩して、再びホテルを出たのは18時30分過ぎ。またもや地下鉄を乗り継ぎ、1号線のウルキナオラ駅で下車。駅周辺の通り(ライエタナ通り)の豪壮な建物群を眺めながら時を過ごす。ここでファストフードでも何でも食べておけばよかったのだが、それは後知恵に過ぎない。その時は何も知らなかったのだから。

 20時過ぎ、通り沿いでひときわ異彩を放つ建物に入る。カタルーニャ音楽堂だ。このバルセロナでも屈指の音楽の殿堂で極上のひとときを過ごすのが、この夜の私の目論見だった。数フロアにわたって積み重なる観客席、豪華絢爛な天井とシャンデリア、窓には凝った意匠のステンドグラス。夢の空間が、目の前に現出している。

 20時30分、いよいよ開演する。幕が上がり、ステージ上に女性が現れて声を出し始める。「おや?」それは歌ではなくセリフだった。
 実は私はクラシックのコンサートに来たつもりだった。ところが、これはオペラだったのだ。先ほどネットでチケットを買った時、英語の説明があったかどうかすら覚えていない。もしかするとスペイン語かカタルーニャ語の説明しか見ていなかったのかもしれない。私にとって日付と時間がわかればそれでよかったのだから。
 だが、そんな勘違いはもはやどうでもよかった。一流の歌と演技と演奏が、見事に設計された劇場の音響効果を通して私の魂を揺さぶり続ける。

 時はあっという間に過ぎた。オペラ『ウリッセの帰還』は大団円を迎えたが、カーテンコールは鳴りやまない。私はふと時計を見る。0時を過ぎている!!私の心の中で鐘が鳴り響く。「もう帰らねば!」

 まだ興奮の冷めやらぬ劇場の人波を潜り抜けて外に出る。地下鉄は既に終電の時刻を過ぎている。一方、この日は朝食以外には洗濯の間にパンを少し頬張っただけで、他には何も食べておらず、頭の回転も鈍い・・・。それでもウルキナオラ駅のところで左折してカタルーニャ広場に出るだけの知恵は残っていた。

 カタルーニャ広場から出発する空港行きバスの最終便は0時30分発。何とかこれに間に合う。乗客は私ともう一人しかいない。深夜で交通量が少ないからだろう。気持ちが落ち着いたので、念のため靴を確認する。もちろん脱げてはいない(笑)。バスは昼間ではあり得ないくらいに飛ばす・・・。おかげで、通常なら30分程度かかるところを20分足らずで空港に到着。
 バス代は約6ユーロ(2017年時点)だから、深夜時間帯のタクシーを使うよりはるかに安くついた。だが、空港からホテルまでは少し距離があるし、徒歩で行くのも困難である。そのため空港からはタクシーに乗ろうとしたのだが、バルセロナ空港は深夜も到着便が多く、タクシー待ちの行列が恐ろしく長い・・・。それでも供給量も多いため、この長蛇の列もぐんぐんはけてゆく。こうして1時30分過ぎには私もホテルに帰還する。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント