ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(13)

ヴィルフランシュ駅
海鉄

 ロクブリュヌの中世の村から山を下りて駅に戻る。11時57分、予定よりやや遅れてニース行きの列車が到着したので、これに乗る。車窓はトンネルの黒または海の青で染められる。
 12時20分、ヴィルフランシュ・シュール・メールに停車。私はここで下車する。「シュール・メール」(海に面した)の名の通り、駅の中から海が見える。ヴィルフランシュは、東のサン・ジャン・カップ・フェラという小さな半島と西のニースに挟まれた入り江の奥にある。ニース・ヴィルからわずか2駅にもかかわらず、とても静かな(まだ夏のシーズンに入る前という事情もあろうが)海辺の村である。

 まずは西側の海岸を歩く。海水浴客もいるにはいるが、まだそれほど多くはない。だからランチタイムにもかかわらず、海辺の飲食店はガラガラだ。高級店はランチタイムでもびっくりするくらい高いので、「軽食」も提供しているカフェに入る。ところが、「軽食」たるカルボナーラがびっくりするくらいおいしい!
 海岸に出て入り江の奥を眺めると、そこにはまずビーチがあり、その上に線路がある。その線路の上を列車がちょうどヴィルフランシュに停車する。海岸リゾートと鉄道がみごとに溶け合う景色だ。

 今度は駅の裏手に回って坂を上る。山の中腹を通る幹線道路に行くためだ。を上から眺める。青のグラデーションを線路が囲む。こんな路線なら毎日でも乗りたい・・・。

 幹線道路に出ると、バス停に向かう。そこから81番の市バスに乗る。バスは、東のサン・ジャン・カップ・フェラに向かう。ところが、大勢の乗客が降りるのにつられて、目的地の1つ手前のバス停で降りてしまった・・・。が、結果的には美しい海と瀟洒な別荘の数々を歩きながら眺めることができたので良かったのかもしれない。
 しばらく歩くと、こうした別荘群の中でもおそらく「群を抜く」別荘に行き着く。それがロスチャイルド邸である。かつてヨーロッパ有数の富豪であったロスチャイルド家の別荘らしく、優雅な部屋の数々と庭園には感嘆するしかないが、それでもヨーロッパ諸侯のそれに比べるとつつましく見えてしまうのは、諸侯とも取引の多かったロスチャイルド家の「遠慮」だろうか?喉が乾いたので、喫茶室で一休み。束の間のひと時、大富豪気分?でヴィルフランシュ湾を眺める。

 帰りはロスチャイルド邸のすぐそばにあるバス停から、81番の市バスに乗る。16時を過ぎたところだが、もう夕方のラッシュ?らしくバスは非常に混んでいる。さらに道路も渋滞してくる。
 というわけで、ヴィルフランシュ駅近くのバス停で降りるつもりだったが、その手前のバス停で降りた。そして、これがまた当たる。西日がヴィルフランシュ湾の西側を照らす時刻だったから、そこを上から眺めるには良いタイミングだったのだ。そして、トンネルとトンネルの間の線路と駅の姿もよく見える。

 16時56分、名残惜しい気持ちでニース行きの列車に乗る。

続く
目次へ

この記事へのコメント