ヨーロッパ横断鉄道旅行-第12弾(ピサ→ミラノ)(6)

ヴェルナッツァ
五村(その2)

 リオマッジョーレの船着場に戻り、モンテロッソ行きの船に乗る。本来11時35分発予定だが、混雑のせいで出発は12時前になる。
 船はすぐ北隣の村・マナローラに到着。切り立った崖が半円形の入江を囲んでいる。南側の崖の上には所狭しと住宅が並ぶ。とても心惹かれる村だが、スケジュールを考え、とりあえず素通りする。
 崖が海に迫る海岸をさらに北上する。マナローラの北隣にある村・コリニーリアは崖の上にあるので船着場はなく、通過。やがて、海に突き出た崖の上に円筒形の塔が現れる。船は崖の先に延びる堤防をぐるりと回ると、少し大きな入江に入って停泊する。12時15分。私もここで下船する

 港に面した教会の時計台が印象的なこの村の名はヴェルナッツァ。リオマッジョーレに比べて土地が開けている感じがするが、港から少しだけ坂を上がり、を過ぎると、すぐに狭い谷間となる。海岸の山腹を縫う列車は、このわずかな谷間に停車するのである。
 谷間を囲む両側の山に登っているうちに、あっという間に時間が過ぎる。次の船が出るので急いで港へ。

続く
目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第12弾(ピサ→ミラノ)(5)

リオマッジョーレ
五村(その1)

 フェリーは真っ青な海原を白く裂いて進む。陸側を見ると、何と断崖の上に家々が寄り集まる小さな村が見える。海に極限まで近づきながら海までの道のりは非常に「遠い」、そんな村なのであろう。
 やがて景色は変わり、今度は海に「近い」村が現れる。そしてフェリーは大きく右旋回して、その村に近づいてゆく。

 岩場の先にフェリーは器用にも着岸した。狭い岩場をしばらく歩くと、現れた景色に思わず息を呑む。小型のボートくらいしか入れない小さな入江、そのわずかな入江も逃すまいとばかりにぐるりと周囲を取り囲む3~4階建ての家々。別に被写体にするために建てたものではないだろうが、結果としてとても絵になる景色になってしまった。

 断崖が海に迫り、平地の少ないリヴィエラ海岸南部に点在する五つの村。これらを総称して「チンクエテッレ」(五つの村)と言う。ここリオマッジョーレは、その最南端の村だ。入江から坂道を上っていくと、沿道には土産物を売る店やレストランが軒を連ねる。元は小さな漁村だったと言うが、今ではすっかり観光地化されている。
 坂道を上りきったところにトンネルがあるので入ってみる。には海をモチーフにしたタイル壁画が描かれている。

 トンネルを抜けたところは、何とだ。三方を山に囲まれたリオマッジョーレ駅は、線路の走る二方がトンネル、海の反対側には城壁のような高い壁が聳え、そこにも壁画が描かれている。
 シーズン中には1日に何便も着岸するフェリーの乗客に加え、ラ・スペツィアからわずか1駅の距離にあるこの駅にも、大勢の観光客が押し寄せる。

続く
目次へ