東四国鉄道旅行(5)

徳島行き普通列車(牟岐駅)
阿南→牟岐(牟岐線)

 阿南に17分停車した後、列車は10時24分に出発する。

 見能林、阿波橘桑野と南下していくが、大小の島々が浮かぶ景勝・阿南海岸の姿をみることはできない。阿波福井を過ぎると、20パーミル以上の急勾配を上り下りして山を越え、美波町に入り、由岐に停車する。
 由岐を出るとすぐ、海岸が目の前に現れる。田井ノ浜だ。ほんの数日前までは、海水浴客のため、ここに臨時駅が開業していた。列車は臨時駅をあっさり通過して行くが、海岸にはまだ海水浴客の姿を見ることができる。
 木岐を過ぎると、いくつものトンネルを抜け、山道を上り下りして北河内に停車する。北河内を過ぎると、日和佐川に沿って走る。小山の上には日和佐城の天守閣(復元ではなく、模造らしい)の姿が見える。そして美波町の中心・日和佐に到着する。11時13分。

 日和佐を出発すると、大きく西にカーブして、25パーミルの急勾配の山道を上る。山河内を過ぎると、やがて牟岐町に入り、今度は25パーミルの急勾配を下り、辺川に停車する。列車は深い山々を眺めながら渓流に沿って走る。そして11時34分、終点の牟岐に到着する。列車はここで、折り返しの徳島行きに変わる。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック