テーマ:旅行

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(10)

中心  フォロ・ロマーノを出て、階段を上ると、カンピドーリオの丘だ。かつては多くの神々の神殿が立ち並んでいたそうだが、今では中世風の広場に変わっている。広場の中心にあるのが市庁舎で、向かって両側にカピトリーニ美術館の建物が並んでいる。  カピトリーニ美術館には、市庁舎から向かって左側の建物{%カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(9)

政治  コロッセオのすぐ向かいに大きな凱旋門が建っている。このコンスタンティヌス帝の凱旋門の前を左に進むと、パラティーノの丘の入口がある。ここも行列ができているが、ローマ・パスであっさり通過する。  緩やかな坂道を上る。日光を遮るものがなく、日差しをまともに浴び続ける・・・この丘は、かつての皇帝達の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(8)

7日目 娯楽  朝、ホテルを出る。ホテルに一番近いのは地下鉄の駅なのだが、以下に記す事情により、あえて1駅先のテルミニ駅まで歩く。途中の通りにあるチケット販売スタンドで、ローマ・パスを買う。このパスは、ローマ市内の公共交通が3日間乗り放題になるうえ、最初に入った2つの見どころが無料・他の見どころも割引になる(2014年時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(7)

オルヴィエート→ローマ  アレッツォで増えた乗客がここまでは徐々に減っていたのだが、オルヴィエートでまた大勢乗ってくる。列車が発車するとすぐ、パーリャ川が、コルバーラ湖から注ぎ出したテヴェレ川に合流する。列車はテヴェレ川の渓谷を進む。カーブやトンネルが断続する。川が湖のように大きく広がったところでアルヴィアーノ{%カメラdoc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(6)

アレッツォ→オルヴィエート  それまでガラガラだった車内に、どっと乗客が乗り込む。それに呼応するかのように、アレッツォを出発すると、それまでなかった検札がすぐに始まる。  大きな山の麓に、赤い屋根の家々やひまわり畑が散在する。12時24分、カスティリオーン・フィオレンティーノに停車。丘の上に城が見える。次いで、12時32分カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(5)

6日目 フィレンツェ→アレッツォ  ついにフィレンツェに別れを告げる朝が来た。SMN駅に行き、右端のホームからローマ行きの快速列車に乗る。鉄道ファンとして、車両の落書きを見るのは悲しい。特に列車の「顔」と言える前面・後面の落書きには目をそむけたくなる。しかしギリシャと同様、ここイタリアでもこれが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(4)

5日目 宴の前  朝、SMN駅の4番線へ行く。ホームも、そこに停車している列車にもどこか見覚えがある。それもそのはず、これは前日に乗ったシエナ行きなのだから・・・  9時15分に出発。ルートも時間も前日と同じだから、途中まで省略しよう。10時18分、ポッジボンジに停車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(3)

4日目 Top of the World?  よく晴れた朝だった。SMN駅の左隅にある4番線に、既にシエナ行きの列車が入線していた。  9時11分に発車。まずはまっすぐ北上してフィレンツェ・リフレディに停車すると、フィレンツェ空港の手前で左に分岐して、ボローニャ方面に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(2)

3日目 マエストロ  この日は市街の東側に行ってみた。サンタンブロージョ教会、少し西側に入ってチョンピ市場のロッジア。そこを左に折れてしばらく行くと、ブオナロッティ邸という屋敷がある。若き日のミケランジェロが住んでいたそうで、今では美術館になっている。  1階は古代ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(1)

2日目 ロッソ  フィレンツェの空は晴れ渡っていた。気持ちの上では「まだ見てないところがたくさんある」と思っていたが、いざ歩き始めてみると、「ここは見た」というところばかりで、気が付くとドゥオーモの北東にあるサンティッシマ・アンヌンティアータ広場(舌を噛みそうだ・・・)に来ていた。広場に面する捨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)

はじめに  シルクロードの西の終点はローマだとよく言われる。確かに、絹の交易が始まった時代、西方世界の中心地はローマであったので、このような定義は間違ってはいないだろう。  しかし、2004年に「シルクロード鉄道旅行」として北京を出発した当時の私は、終点をローマと決めていたわけではない。むしろ、漠然とヨーロッパを夢見ていたにすぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(16)

12日目 ギャップ  この旅行最後の朝を迎えた。SMN駅で荷物を預けると、まずサン・ロレンツォ聖堂の一角にあるメディチ家の礼拝堂に行く。サン・ロレンツォ聖堂はもともとメディチ家の菩提寺院であったが、後にトスカーナ大公となったメディチ家がここに礼拝堂を建てた。内部は黒っぽい大理石で覆われ、一見地味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(15)

11日目 フローラ  前日とは打って変わって、よく晴れた朝だった。この日最初に向かったのは、フィレンツェのシンボルであるドゥオーモ。正しくは、花の聖母教会である。この華麗にして壮大な教会の内部は後で探訪することにして、まずは教会の中心・クーポラ(ドーム)に向かう。クーポラの入口は、教会北側にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(14)

10日目 オフィス  朝、空は曇っていたが、張り切って観光に出かける。8時30分にオープンするはずのツーリスト・インフォメーションに行ってみたが、この日は日曜のため休みだった・・・。仕方なく、シニョリーア広場に行き、広場の一角にあるヴェッキオ宮が9時に開くのを待つ。  9時、ヴェッキオ宮{%カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(13)

ボローニャ→フィレンツェ  ボローニャに到着すると、すぐに特急列車の切符を購入して6番線に向かう。15時45分、ローマ行きのFA9435が入線する。FAすなわちフレッチャアルジェントに乗るのは、これが初めてだ。  15時53分、列車が発車する。ボローニャの市街地を東に進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(12)

9日目 夢破れて  ボローニャを去る日が来た。天気は曇り。荷物を持って駅に向かう。ボローニャ駅の西6番線に入線しているポレッタ行きの普通列車に乗り込む。内部は全てブルーシートのボックス席という、トレニタリアでは標準の車両である。  10時4分、列車が発車する。列車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(11)

8日目 聖と俗  朝、ホテルを出てボローニャ中央駅の脇に架かる陸橋を渡る。駅の方を眺めると、この駅の広さに改めて気づく。陸橋を渡ると、駅前の大通りを渡る。この通りは、おそらくボローニャの旧市街を囲む城壁の跡であろう。通りを渡ると9月20日広場がある。広場の南端にあるガッリエラ門{%カメラdoco…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(10)

7日目 ハムか芸術かチーズか  この日はメーデーだった。ボローニャの見どころは軒並み休みになるので、当初の予定を変更して郊外に出かける。9時42分、ボローニャ中央駅にミラノ行きのIC580が入線。予想に反して1号車が末尾にある編成だったため、乗車位置が大きく変わる。大慌てで移動・・・。ICなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(9)

夏の夜の夢  ようやく駅前にたどり着いたものの、今度は発着するバスの多さに戸惑ってしまう。市街の中心部に行くにはどうすればいいのかわからないのだ。だが、今はインターネットの時代。市バスのサイトを調べたりして、25番バスに乗り込む。バスは駅から南に向かい、途中で東に折れる。本来ならこのバスは街の中心・マッジョーレ広場まで連れて行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(8)

6日目 フェラーラ→ボローニャ  朝、ホテルを出発。バスに乗るつもりだったが、なかなか来ないので、結局駅まで歩いてしまう・・・。カラフルなローカル線の車両などを見て過ごす。  9時26分、ローマ行きのFAが入線。FAはFreccia Arge…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(7)

5日目 光と闇  この日も朝から雨だった。少々頼りない小さな折り畳み傘を持って出かける。ホテルから少し北に歩けば、そこはもう町の中心部だ。フェラーラの市庁舎の向かい側には、カテドラルもある。内部には巨大な祭壇画が並んでいて、ステンドグラスも美しい。  さらに北に歩けば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(6)

ヴェネツィア→フェラーラ  サンタ・ルチア駅でしばらくぶらつく。様々な列車がホームに到着しては去っていく様子を眺めて過ごす。  14時40分過ぎ、レッツェ行きのFB9817が入線する。通常のFBの車両とは異なり、機関車が客車{%カメラdocomo%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(5)

4日目 ここでは死なない  朝、ホテルをチェックアウトして出発。荷物があるので、ホテルの前を通る路線バスでヴェネツィア本島のローマ広場まで行こうと試みたが、通勤時間帯のゆえか非常に混雑しているので、断念。結局メストレ駅まで歩き、サンタ・ルチア行きの列車に乗る。  サンタ・ルチア駅からはLine1のヴァポレットに乗り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(4)

3日目 まさか!  この日はいったんヴェネツィアを離れてみる。8時32分、トリノ行きのFB9710でメストレを出発。この辺りは複々線化されていて、列車は特急専用レーンを猛スピードで駆け抜ける。8時48分、次の駅パドヴァに停車。私はここで下車する。わずかな時間だが特急を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(3)

春の夜の夢  時刻は18時過ぎ。4月の終わりとはいえ、日本より高緯度のこの地域は、まだ日没にはほど遠い。実は夜にはザッカリア近辺に用があるのだが、それまでには時間が余る。そこで思いついたのは、ヴァポレットで本島の内側をぐるりと回る計画だ。  まずはLine2に乗って出発。サン・マルコ広場を真正面に仰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(2)

舟歌  サン・マルコ広場のカフェでくつろいだ後、ヴァポレットで大運河を渡る。大運河とジューデッカ運河に挟まれた狭い陸地の先端にあるサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂に降り立つ。外観の壮麗さもさることながら、内部の八角形のドームも美しい。  さて、ここからジューデッカ運河を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)(1)

1日目・2日目 迷宮ふたたび <1日目>  イタリアへ向かう飛行機の経路は何だか謎めいていた。通常、日本からヨーロッパへ直通する飛行機は、たいてい大圏コースのシベリアを通る。ところが、この飛行機は中国領内の北辺からカザフスタンに入り、カスピ海を越えてアゼルバイジャンやグルジアを通って黒海に抜ける。フライトマップを見てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第9弾(ヴェネツィア→フィレンツェ)

はじめに  旅に慣れること。それは旅を重ねる中で必然的にそうなるし、また必要でもある。だが、それは同時に旅の感動や興奮を減らしてしまうものでもある。  ところが、イタリアは「慣れ」を簡単には許してくれないようだ。予断を持てば、常に裏切られる。それは旅の醍醐味なのであるが、決して笑顔で受け入れられるものではなく、むしろいつも苦笑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第8弾(ミラノ→ヴェネツィア)(15)

9日目 脱出  いよいよ旅の最終日になった。ホテルをチェックアウトすると、荷物を持ってメストレ駅に向かう。やって来たのは、青地に白の模様が描かれたローカル電車だ。この日は順調に海峡を渡ると、あっという間にサンタ・ルチアに到着する。駅で荷物を預けると、ヴァポレットには乗らず、大通りを歩く。大運河に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第8弾(ミラノ→ヴェネツィア)(14)

8日目 ライオンの脚の下で(2)  朝、メストレ駅から列車で本島に向かう。列車は、朝の陽光に輝く海峡をしばらく快調に進んでいたが、やがて停車してしまう。15分くらいしてからようやく動き出すと、本島の街並みが姿を現す。  サンタ・ルチア駅からはヴァポレットに乗り換え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more