テーマ:ドイツ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(17)

越境ピクニック(その2)  山頂からの景色を満喫した後、今度はロープウェーに乗って一気にアイプ湖まで下る。アイプ湖のロープウェー乗り場の看板には、英語もないのに日本語の記述はある。ロープウェー乗り場から少し坂を下ると、湖の南岸になる。  これでも十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(16)

ドイツの頂上へ  ホームから地下通路に下りると出口が東西二つに分かれている。東側に進むとドイツ鉄道の駅舎があり、西側に進むとドイツの最高峰・ツークシュピチェに向かう登山鉄道の駅がある。登山鉄道の駅の窓口には、大勢の登山客が列をなしている。列に並んでいる間に、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンという舌を噛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(6)

プリーン→ザルツブルク  プリーン駅に着くと、ちょうどザルツブルク行きの快速列車が出発した後だった。本線ホームの前方にある張り出しホームには、2両編成の気動車が停車している。これは、プリーンと、その南にあるアシャウとを結ぶキームガウ鉄道という路線のようだ。一方、本線側ではザルツブルクへ向かうオーストリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(5)

「狂王」の夢(その3)  プリーンの駅前から線路の反対側に回ると、「キームゼー・バーン」(キーム湖鉄道)と書かれた小さな駅舎がある。このキーム湖鉄道は、ここプリーン駅からキーム湖の湖岸までわずか1.5kmを結ぶ小さな鉄道である。しかも、列車を牽引するのはSLだ。鉄道マニアなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(4)

3日目 ミュンヘン→プリーン  3日目、ついにミュンヘンから去る日が来た。地下鉄でミュンヘン中央駅まで行くと、地上に出てDB線乗り場である巨大なドームに入る。ICEも含めて様々な列車が並んでいる中を歩いて前方に向かう。オーストリア鉄道が誇る高速特急・Railjet{%カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(3)

「狂王」の夢(その2)  バスはオーバーアマガウを出発すると北に向かう。実は先ほど見たミュンヘン-インスブルック間の路線は、ここから北東にあるムルナウで分岐して、その支線がオーバーアマガウまで伸びているのだが、バスはその支線と並行して走る。  バスはザウルグルプで線路と分かれてさらに北上し、その後は西に進路を変える。アルプス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(2)

2日目 「狂王」の夢(その1)  朝8時、ミュンヘン駅前に行き、そこから大きな2階建てバスに乗る。バイエルンの名所を巡る1日ツアーバスである。バスはしばらく市街地の中を走ると、市街の南西部からアウトバーン95号線に乗ってさらに南西に向かう。アウトバーンはシュタルンベルク湖の手前で二手に分かれ、このバスは湖の東側を南下して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(1)

1日目 旅路へ  朝まだきの暗い空の下、ホテルから空港に向かうバスに乗り込む。こんな時間に動く人は少ないだろうと高をくくっていたら、とんでもない。中型のバスは満席だ。  人気がなく静まり返った道路をバスは進み、4時30分頃に羽田空港に到着する。多くのカウンターが真っ暗な中、わずかに灯ったカウン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(24)

9日目・10日目 ビールの都(その2) <9日目>  朝ホテルを出ると、すぐにトラムに乗り、高級ブランドショップが並ぶマクシミリアン通りに向かう。うっかり降りる場所を間違えてイーザル川を渡ってしまい、反対方向のトラムで引き返す。  別にブランド物に興味があったわけではなく、とあるレストランに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(23)

8日目 ビールの都(その1)  朝、ミュンヘン駅前のホテルを出る。地下鉄で2駅、オデオン広場で下車。地上に出てみると、大きな教会(テアティーナー教会)と将軍堂という建物が聳えている。それで、これから行こうとしているバイエルン王家の宮殿(レジデン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(22)

ニュルンベルク→ミュンヘン  階段を上ったところに現れたのは、巨大な城か聖堂の入口を思わせるニュルンベルク駅の入口であった。もちろん中に入れば現代的な駅舎である。ドイツの都市の駅としては珍しいことに、この駅はフォーク型ではなく、線路が駅の東西を貫いている。故に、線路が駅の近辺で不自然にカーブさせられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(21)

皇帝のいた町(その2)  ニュルンベルク駅を出て、線路沿いに少し西に向かって歩く。曇っているせいか、少し肌寒い。しばらくして前方に"museum"と書かれた大きな建物が現れる。ここがドイツ鉄道の殿堂(?)鉄道博物館である。  中に入ると、まったく期待通り、SLに始まり、最新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(20)

シュトゥットガルト→ニュルンベルク  シュトゥットガルトはドイツ南西部の中心都市だけあって、その駅舎も大きい。しかし、ドイツの他の大都市の駅と比べると「芸術点」は高いとは言えなさそうだ。駅舎の一部だろうか、ホームに隣接して高い塔が建っていて、その屋上にはメルセデス・ベンツのロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(19)

7日目 コンスタンツ→ジンゲン→シュトゥットガルト  朝から本降りの雨だ。そう言えば夜中も雷が鳴りっぱなしだった。前日は真っ青だったボーデン湖が、一面グレーに染まる。ここに着いたのが前日で本当に良かったと思う。  コンスタンツ駅から、カールスルーエ行きの快速に乗る。8時38分に発車する。ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(18)

南の海  まずはコンスタンツの中心・広場に出てみる。色とりどりの建物の壁が並ぶ中、宗教画を壁に描いたものもある。さすがは宗教都市だ。  広場から北に歩くと、川岸にとんがり屋根の塔が建っている。これはラインの塔と呼ばれており、目の前の川はライン川だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(17)

ドナウエッシンゲン→コンスタンツ  駅のコインロッカーで荷物を預けようとしたのだが、あいにく小銭がない。仕方なく、荷物を持ったまま街を歩く・・・。由緒ありげで重厚な建物の並ぶ通りを進むと、ブリガッハ川を渡る。川を渡ったところに教会があり、その隣に泉{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(16)

オッフェンブルク→ドナウエッシンゲン  オッフェンブルクで列車を乗り換える。10時55分、クロイツリンゲン行き快速列車が入線する。この列車はカールスルーエが始発で、既にたくさんの乗客が乗っている。ドアが開くと、自転車を抱えた乗客が次々に降りてくる。ドイツの鉄道の特徴の一つは、大抵のローカル列車で自転車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(15)

6日目 フランクフルト→オッフェンブルク  朝、フランクフルト駅に向かう。平日だからスーツ姿のビジネスマンが多い。8時40分過ぎ、ベルリン始発でスイスのインターラーケン行きのICEが入線する。  列車は5分遅れの8時55分に発車する。車内でもやはりビジネスマンが大半を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(14)

リューデスハイム→フランクフルト(ライン右岸線)  リューデスハイム駅は街の西外れにあるので、駅からしばらく歩く。街の西側には、往きの左岸線列車からも見たニーダーヴァルトの山上が見え、ドイツ統合の記念碑の上に、ゲルマニアの女神像が立っている。沿道には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(13)

ブラウバッハ→リューデスハイム(ライン右岸線)  城の下からSLバスに揺られてブラウバッハの街まで下りる。ところが、ブラウバッハの駅は街の中心部にはないのだ。線路は目の前に見えるのだが・・・。案内板などはなく、街の中心部に立つ塔を目印に、線路沿いの道を右往左往しながら、ようや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(12)

コブレンツ→ブラウバッハ  ドイチェス・エックに戻って来たところで、ここからどうやって移動しようか思案する。コブレンツ駅まで戻るのも面倒だ。その時、近くの乗船場にマインツ-コブレンツ間の定期船が停泊していることに気がついた。これに乗ってライン川を遡ろう。  船は14時ちょうどに出港する。この船、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(11)

ドイツの角  コブレンツ駅前から、これから行きたいところまではバスがあるのだが、次のバスは30分後だというので、市街地を歩いて行くことにする。北に向かって歩くこと約20分、目の前に大きな川が現れる。これはモーゼル川だ。川沿いにしばらく歩くと、今度は前方に大きな川が現れる。こち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(10)

5日目 フランクフルト→コブレンツ(ライン左岸線)  朝、フランクフルト駅に行く。8時50分過ぎ、コブレンツ行きの快速列車が入線。全て2階建て車両だ。  9時8分、列車が発車。すぐに大きな左カーブを曲がってマイン川を渡り、ニーダーラートに停車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(9)

マインのほとり  まずは駅近くのホテルにチェックインしてから出かける。11番のトラムに乗り、レーマー広場で下車。  レーマーとは市庁舎のことであり、広場の一角には旧市庁舎が建っている。日本の市役所のイメージにはほど遠い、色もデザインもかわいらしい建物である。建物内部は公開さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(8)

ゲッティンゲン→フランクフルト  ゲッティンゲンの駅前に出てみる。ここは古くからの大学町で、そのせいか若者の姿が目立つ。そう言われてみると、駅舎の形が大学の講堂のようにも見える。  駅に戻って、一番奥にあるICE専用ホームに向かう。以前にも書いたように、ICEには特急券が不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(7)

ゴスラー→ゲッティンゲン  列車の発車時刻までには時間があるので、ゴスラー駅の構内や意外に広いバスロータリーを見て回る。11時49分、ゲッティンゲン行きの快速列車が入線する。ディーゼル車の2両編成で、この駅が始発である。昼間の時間帯だからか、車内{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(6)

4日目 皇帝のいた町(その1)  朝、ホテルを出て駅から南に歩く。道は次第に細くなり、その両側には木組みの古い家々が建ち並ぶ。しばらく進むと、対になった2本の高い塔が現れる。これがマルクト教会で、その前のマルクト広場では、金色の鷲から勢い良く水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(5)

ヴェルニゲローデ→ゴスラー  ヴェルニゲローデに戻って来たところで、ちょうどお腹も空いたので、駅前のレストランに入る。出てきたのはヴルストサラダ。その名の通りソーセージを刻んでマヨネーズであえたものだが、それに普通のサラダと熱々のジャーマンポテトがついているので、相当にボリュームがある。もちろんビール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(4)

魔の山  ヴェエルニゲローデ駅を出ると、右手の方にもう一つの駅がある。これが、ハルツ狭軌鉄道のヴェルニゲローデ駅だ。切符を買って中に入ってみると、駅舎の裏手にフォーク型のホームがあり、既に客車が停まっている。先頭にあるはずの機関車を見に行くと、機関車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(3)

ハノーファー→ヴェルニゲローデ  ハノーファーは、かつてハノーファー王国の都として栄え、現在でもニーダー・ザクセン州の州都である大都市だ。その中心部にあるハノーファー中央駅も相当に大きな駅で、大勢の人でごった返している。  列車を乗り換えるために4番ホームに行くが、掲示板に先発・次発の区別無く次々と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more