テーマ:ドイツ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(2)

3日目 ベルリン→ハノーファー  朝、Sバーンでベルリン中央駅に向かう。前述の通り、高架ホームは東西に伸び、地下ホームは南北に伸びている。高架ホームの中でも、Sバーンは北側、近郊列車・長距離列車は南側のホームから発着する。屋根や壁はガラス張りだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)(1)

1日目・2日目 ベルリンへ <1日目>  眼下に見えてきたのは、大きな川とその両岸の大都市だ。やがて大都市は姿を消し、広い住宅地が現れる。15時30分過ぎ(日本時間マイナス8時間)、オリンピック真っ只中のロンドン・ヒースロー空港に着陸する。  とにかく広い。長い長い乗り継ぎ用の通路を抜けると、出発ターミナルへ向かうバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第6弾(ベルリン→ミュンヘン)

はじめに  今回の旅は、ドイツを北から南に縦断する。ただ縦断するだけでは面白くないから、いろいろと寄り道をした。これは、各地に鉄道網が張り巡らされている鉄道大国ドイツだからこそ可能な話である。おかげで、時刻表と睨めっこしながら旅のルート決めに頭を悩ます喜びを久々に味わうことができたのだ。  また、ドイツ新幹線・ICEにも乗車した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第5弾(プラハ→ベルリン)(12)

9日目・10日目 よみがえる古代 <9日目>  この日は朝から曇っていて、前日よりもぐっと寒くなった。地下鉄は使わず、バスでツォー駅に行き、Sバーンでベルリン中央駅の1つ先・フリードリヒ通りまで行く。  ベルリン中心部を南北に貫くSバーンは地下を走り、東西を行くSバーンにはフリードリヒ通りで接続する。特急などの長距離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第5弾(プラハ→ベルリン)(11)

8日目 憂い無き世界  朝から少し曇り気味で肌寒い。地下鉄U7に乗り、シャルロッテンブルク駅へ。ここからS7に乗る。意外に混んでいる。  次の駅はヴェストクロイツ。ここでベルリンの環状線と交差する。しばらく進むと、S3/S75が右手に分岐する。これらの路線はベルリン北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第5弾(プラハ→ベルリン)(10)

7日目 ドレスデン→ベルリン  この日は朝からベルリンに移動する予定だったのだが、よく考えてみるとドレスデンでまだ見ておきたいところがあった。それがツヴィンガー宮殿である。  ドレスデン城のすぐ隣にある宮殿は、四方をバロックまたはルネサンス様式の建物で囲み、その中央に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第5弾(プラハ→ベルリン)(9)

6日目 山上の要塞  この日は、前日とは逆方向、すなわちエルベ川を遡る方向に向かう。プラハからの途上で素通りしたエルベ渓谷に行くのである。9時31分、シェーナ行きの普通列車でドレスデンを出発する。  列車はまっすぐ南東に進んでドレスデンの市街地を抜けると、ハイデナウに停車。しばらくしてエルベ川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第5弾(プラハ→ベルリン)(8)

5日目 焼き物の町へ  朝、ドレスデン駅に向かう。平日のはずなのに、妙に人出が少ない。実は、この日は祝日であった。  以前の記事で書いたように、ドレスデン駅には地上ホームと高架ホームがある。この駅を始発とするローカル列車は中央の地上ホームから出発するが、それ以外の列車は左右の高架ホームに発着す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第5弾(プラハ→ベルリン)(6)

ジェチーン→ドレスデン  10時ちょうど、ハンブルク行きの特急がジェチーンを出発する。右岸線がすぐに右に分岐してラベ川を渡る。対岸にはジェチーン・ヴィーホトという大きな駅があり、ここからは右岸線の他に2つの路線が東の方に伸びている。いくつものトンネルを抜ける。高い岩山が川の両岸に迫る。  ドルニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more