テーマ:フランス

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(1)

1日目 潮風  パリのシャルル・ド・ゴール空港を飛び立った飛行機の中で、私はぐっすり眠っていた。自宅を早朝に出発してパリ行きのフライトに滑り込んで以来、ろくに寝ていなかったからだ。  目が覚めると、もう地中海だ。飛行機はゆっくり左に旋回する。やがて高度が下がり、見覚えのある、あるいは地図でよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(16)

9日目 散々  いよいよ帰国する日となった。とは言え、フライトは午後だから、午前中までは観光する気で、その計画も立てていた。  ホテルを出ると、ニース・ヴィル駅前のトラム乗り場の自販機で空港バスチケットを3枚も買う。その内訳は、こうだ。1.ニース・ヴィル駅前から市街西部にあるニース空港まで行く。2.空港で荷物を預け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(15)

8日目 一八  この日も快晴だった。8時50分、ニース・ヴィル駅からマントン行き列車で出発。ヴィルフランシュの美しい入り江の景色を見ながら進む。カップ・ダイユを過ぎると長いトンネルに入り、9時5分、トンネルの途中でモンテカルロに停車。私はここで下車する。  ホームトンネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(14)

7日目 タンド線  快晴だ。しかし、この日は海ではなく、山に向かう。ニース・ヴィル駅の一番はずれのホームに列車は入線していた。パンタグラフはなく気動車、3両編成。車内は座席が1列・2列に並んでいて、一人旅にはうれしい。車両の側面には"Train des merveilles…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(13)

海鉄  ロクブリュヌの中世の村から山を下りて駅に戻る。11時57分、予定よりやや遅れてニース行きの列車が到着したので、これに乗る。車窓はトンネルの黒または海の青で染められる。  12時20分、ヴィルフランシュ・シュール・メールに停車。私はここで下車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(12)

6日目 息切  天気は昨日とは打って変わって快晴。こんな日には、一刻もじっとしていられない。8時に出発。  ニース駅の券売機で切符を買う。まずはローカル列車専用の券売機へ。画面こそ今風だが、操作は全てダイヤルで行うという何ともデジアナ融合なインタフェースなのである。このダイヤルの操作は慣れないと非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(11)

ヴェンティミーリア→ニース  早々にホームを離れると切符売り場に向かう。予想通り、ここではニースまでの切符を買うことができた。既にニース行きのSNCF(フランス国鉄)の列車は既に入線しているし、出発まで時間もないので、また早々にホームに向かう。  16時35分、ニース行き列車が出発する。各車両{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more