テーマ:フランス

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(11)

花束  バスは駅前を通過すると、市の中心部に入る。そして、公園の前に停車する。ここが終点のようだ。まずは近くのレストランに入って昼食。コース料理を食べる。前菜のカクテルにチーズのピザ風・西洋わさびのせ、メインはチキンのソテーとトマトのグリル。満腹・・・。  ほろ酔い気分で公園西側の旧市街地に向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(10)

4日目 白波  朝、イエール駅前から67番の市バスに乗る。バスは幹線道路を南東へと向かうのだが、線路が並走していることに気が付く。前回も少し触れたように、この線路は駅からずっと伸びている。だが、イエール港の手前で線路はぷっつりと途絶えてしまう。おそらくは、かつて港への引き込み貨物線だったのであろう。  幹線道路は、港の入口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(9)

カンヌ→トゥーロン→イエール  カンヌ駅に戻って列車の切符を自販機で買おうとするが、何だかんだで乗りたい列車を予約できない・・・。結局スマホのSNCFアプリで購入。もうこういう時代なのだ。  16時22分発のパリ行きTGVは、10分以上遅れてカンヌに到着。1等車は左右2列ずつでとてもゆったりしており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(8)

透明  駅のコインロッカーに荷物を預け、街に出る。何も考えずに駅の反対方向にまっすぐ歩くだけで海岸通りに出る。そこは、世界で何が起ころうともずっと陽気でいられるのでは?と思えるくらい明るい場所であった。だが、他のリゾート地と同じく、ここでも散歩以上のことをしようとすれば、何をするにもお金がかかってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(7)

ニース→カンヌ  10時前、ニース・ヴィル駅に行く。前回の旅では工事中だった駅舎が、ようやくその全貌を現す。新しい駅舎では、電光掲示板は固定のものではなく、壁に映し出されているのがおもしろい。  乗るのはニース始発でボルドー行きの都市間特急intercity{%カメラdoc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(6)

3日目 青弓  今日も朝から快晴だ。ニースの名残を惜しんで、早朝から散歩に出かける。  ニース・ヴィル駅前からトラムに乗って、南の旧市街に向かう。陽光を浴びたオペラ座の前を通って、海岸通りを歩く。朝のジョギングをする人々がたくさん行き交う。途中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(4)

(支線)ディーニュ・レ・バン→アノ  ホームに向かうと、先ほど乗ってきた列車がそのまま停車していた。そして、これが折り返しのニース行きとなる。  14時25分に発車。次のゴベールには14時31分に停車。辺りにはひまわり畑やゴルフ場が広がる。  列車は次第に山道を登り始める。ゴーカートのコースの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(3)

(支線)アントルヴォー→ディーニュ・レ・バン  列車はアントルヴォーに停車している。本来なら「私はここで下車する」と書きたいし、あの砦に登ってみたいところなのだが、日程の都合上プロヴァンス鉄道に使えるのは1日のみ。ここで下車してしまうと終点のディーニュ・レ・バンまで行ってニースに戻ってくることは難しくなってしまう。というわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(2)

2日目 (支線)ニース→アントルヴォー  空はよく晴れている。国鉄線のニース・ヴィル駅を通り越して少し北へ歩く。朝市であろうか、街の一角に果物・野菜・花が並べられている。  徒歩数分で、もう一つのニース駅にたどり着く。こちらのニース駅は人の出入りも少なく、うっかりするとそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(1)

1日目 潮風  パリのシャルル・ド・ゴール空港を飛び立った飛行機の中で、私はぐっすり眠っていた。自宅を早朝に出発してパリ行きのフライトに滑り込んで以来、ろくに寝ていなかったからだ。  目が覚めると、もう地中海だ。飛行機はゆっくり左に旋回する。やがて高度が下がり、見覚えのある、あるいは地図でよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(16)

9日目 散々  いよいよ帰国する日となった。とは言え、フライトは午後だから、午前中までは観光する気で、その計画も立てていた。  ホテルを出ると、ニース・ヴィル駅前のトラム乗り場の自販機で空港バスチケットを3枚も買う。その内訳は、こうだ。1.ニース・ヴィル駅前から市街西部にあるニース空港まで行く。2.空港で荷物を預け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(15)

8日目 一八  この日も快晴だった。8時50分、ニース・ヴィル駅からマントン行き列車で出発。ヴィルフランシュの美しい入り江の景色を見ながら進む。カップ・ダイユを過ぎると長いトンネルに入り、9時5分、トンネルの途中でモンテカルロに停車。私はここで下車する。  ホームトンネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(14)

7日目 タンド線  快晴だ。しかし、この日は海ではなく、山に向かう。ニース・ヴィル駅の一番はずれのホームに列車は入線していた。パンタグラフはなく気動車、3両編成。車内は座席が1列・2列に並んでいて、一人旅にはうれしい。車両の側面には"Train des merveilles…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(13)

海鉄  ロクブリュヌの中世の村から山を下りて駅に戻る。11時57分、予定よりやや遅れてニース行きの列車が到着したので、これに乗る。車窓はトンネルの黒または海の青で染められる。  12時20分、ヴィルフランシュ・シュール・メールに停車。私はここで下車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(12)

6日目 息切  天気は昨日とは打って変わって快晴。こんな日には、一刻もじっとしていられない。8時に出発。  ニース駅の券売機で切符を買う。まずはローカル列車専用の券売機へ。画面こそ今風だが、操作は全てダイヤルで行うという何ともデジアナ融合なインタフェースなのである。このダイヤルの操作は慣れないと非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第13弾(ミラノ→ニース)(11)

ヴェンティミーリア→ニース  早々にホームを離れると切符売り場に向かう。予想通り、ここではニースまでの切符を買うことができた。既にニース行きのSNCF(フランス国鉄)の列車は既に入線しているし、出発まで時間もないので、また早々にホームに向かう。  16時35分、ニース行き列車が出発する。各車両{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more