ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(28)

ベルニナ峠(北)
北と南の間で

 駅には既にティラノ行きの普通列車が入線していた。2等車に乗るが、設備は結構いいし、早朝なのでガラガラだ。座席前のテーブルは、路線図になっている。
 実は、この日はホテルで借りたエンガディン・カードを使う。(2013年時点では、オーバー・エンガディン地方のホテルに2泊以上すると、公共交通に乗り放題となるエンガディン・カードを、宿泊期間分借りることができた。)このカードを使えば、アルプ・グリュムまでのベルニナ線の2等車に乗り放題なのだ。

 8時45分、列車が出発する。出発するとすぐに、右に分岐する。左に分岐すると、前日通ったサメーダンに向かう路線となる。ところが、両者共すぐにトンネルに入ってしまうので、分岐したことには気づきにくい。トンネルを抜けるとツェレリーナの美しい街並みが見えてくる。こちらの路線にあるのは、ツェレリーナ・スタッツという駅なのだが、これは通過する。線路が丘陵の端にあるので坂を上り下りする。少し後になってから気づいたのだが、実は、この列車はリクエスト・ストップの列車だった。すなわちバスと一緒で、乗客が次の駅に停まることをリクエストするか、駅で乗客が待っていない限り、列車は駅を通過してしまうのだ。停車をリクエストする方法なのだが、これは車両間ドアの隣にあるボタンを押せばよい。

 列車は大きく右カーブしてベルニナ川の西岸に出る。川の対岸には、サメーダンからやって来た路線が走っている。列車はプント・ムルガル・スタッツを通過して(川の対岸にはプント・ムルガルという駅がある)、やがて川を渡ってきた路線と合流する。そして8時53分にポントレジーナに停車する。サン・モリッツ、サメーダン、ポントレジーナの3駅を結ぶ路線は、こうして三角形を成しているのだ。列車はポントレジーナに10分停車した後、9時3分に発車する。
 列車はロゼグ川を渡って、山小屋風の駅舎のあるシュロヴァスを通過すると、ベルニナ川に沿って南に進む。9時13分、モルテラッチに停車。ここでは東から流れてきたベルニナ川と、南から流れてきた川が合流しているのだが、南から流れてきた川に沿って歩くと、モルテラッチ氷河に至る。
 そのような地形のせいか、列車はここから大きく北に反転して迸る渓流を渡ると、今度は大きなヘアピンカーブを登って、南東方向に再反転する。きつい勾配をぐんぐん登ると、少し開けたところに出る。辺りは雪に覆われたアルプスの山々に囲まれている。
 ベルニナ・スオットを通過。そして次の駅、ベルニナ・ディアヴォレッツァには停車する。ここはディアヴォレッツァという山の麓にあり、駅前から山の頂上に向かうロープウェイがある。

 列車は次のベルニナ・ラガルプを通過すると、右に左に次々とカーブする。辺りが平坦に見えるので気づきにくいのだが、勾配が相当にあるのだ。当初は茶色い地面の露出が多かったが、次第に雪に覆われていく。それを取り巻く山々は完全に雪化粧をしている。
 列車はレイ・ネイル(黒い湖)の側を通るのだが、その黒い水面は真っ白な雪に完全に覆われて、場所すらわからない。そしていよいよラーゴ・ビアンコ(白い湖)が現れる。確かに真っ白だ。しかし、本来は氷河に削られた岩石の成分によって水が白くなっているのであって、この白さはインチキである(笑)。
 9時33分、ラーゴ・ビアンコ湖畔のオスピツィオ・ベルニナに停車。私はここで下車する。この駅は標高2253メートルの地点にあり、ベルニナ線の中でも最高地点にある。

 湖がまだこんな感じなので、湖畔に出ることはできない。駅から坂を上ってみると、ラーゴ・ビアンコ(のある場所)を一望することができる。さらに坂を上ると道路に出る。
 せっかくなので少し歩いてみよう。数分もしないうちに、ベルニナ峠の小さな標識に行き着く。標高2330メートルの峠は、広大なアルプス山脈を南北に分かつポイントの一つだ。それはヨーロッパを南北に分かつポイントだと言ってもいいだろう。実際、ここから南はスイスの中でもイタリア語圏となるのだから。ディアヴォレッツァとかラーゴ・ビアンコは既にイタリア語である。
 峠からの眺めは雄大そのものだ。南を向けば、高く険しい山々が幾重にも連なり、やって来た方向(西)を振り返れば、道路を取り囲むように真っ白な山々がいつまでも続いている。

 駅に戻ろうとして、思わず足を止める。ちょうど列車がラーゴ・ビアンコの湖畔を行き過ぎていくのが見える。銀世界の中を走る赤い列車も、なかなか絵になる眺めだ。

続く
目次へ


ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(27)

サン・モリッツ湖(5)
8日目

湖の朝

 朝、ホテルを出て駅に向かう道すがら、サン・モリッツ湖を見に行く。前の日とは打って変わり、湖の西岸も東岸もよく晴れている。というよりも、雨が少なく、晴れているのがサン・モリッツの普段の姿らしい。

 西岸の町と、南岸に聳える山が静かな湖面に映し出される。そして、西岸のさらに奥に聳える山は、真っ白な雪に覆われている。
 ずっと眺めていたい風景だけど、そろそろ列車の時間なので、踵を返して駅の方へと向かう。

続く
目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(26)

サン・モリッツ湖(2)
シャンパン味?の町

 サン・モリッツの駅を出ると、坂道を上る。道の途中から駅舎を眺めると、意外に大きく、立派な時計台まで備わっている。駅のすぐ脇にはサン・モリッツ湖が広がっている。
 サン・モリッツの町は、湖を囲む擂鉢状の高台にあるので、どうしても坂道を上る必要があるのだが、これが思った以上にきつい・・・。勾配が緩やかになると、通りには昔風の外観をした商店や、お城のようなホテルが立ち並ぶようになる。まさにリゾートの町だ。こうして町の中心部まで歩き、ホテルに到着する。

 夕方、湖に散歩に行く。またあの坂道を歩くのかと思うと少し憂鬱になったが、これは杞憂に終わる。なぜなら、湖と町とを結ぶ長い長いエスカレーターがあったのだ。1つのエスカレーター自体も長いのだが、これがいくつも続いている。

 こうして少々お手軽に湖に来てみると、はっと息を呑む。湖の西側は雲がかかっていて少々暗いのだが、東側は晴れていて、青空と、真っ白な山々と、森の緑と、青い湖のコントラストが素晴らしい。目線を近くに転じれば、お城のようなホテル群が湖を取り囲んでいる(もしかすると、この中には別荘も含まれているかもしれない)。見上げると、町の背後には天に鋭く突き出した山々が並ぶ。この辺りの山々は、いずれも標高3000メートル級である。町の東側の湖岸にはサン・モリッツ駅が見える。今ちょうど列車が到着したところだ。

 ここで一つ深呼吸。この町の空気にはシャンパンのような爽快感があるとされているので、俗に「シャンパン気候」と言うらしい。空気には特に爽快感は感じられなかったが(笑)、この景色を見たら、誰だって気持ち良くなるだろう。

 夕食はホテルのレストランで取る。なぜなら、この町のレストランは軒並み高いからだ・・・。テーブルクロスには「サン」にちなんでか、太陽が描かれている。豚肉のステーキを食べる。この店では比較的安いメニューだが、日本人の感覚では非常に高い。

続く
目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(25)

サメーダン→ツェレリーナ(イン川)
プレダ→サン・モリッツ

 プレダを発車すると、すぐにトンネルに入る。とても長い。このトンネルは、アルブラ峠を貫く全長約6kmのアルブラトンネルである。アルブラ峠はアルプス山中の峠の一つに過ぎないのだが、「北海と黒海の分水嶺」と呼ばれることもある。それは、西側へはライン水系のアルブラ川が注ぎ出し、東側へはイン水系のベヴェリン川が注ぎ出すからだ。ライン川はドイツ・オランダを経て北海に注ぐ。一方、イン川はドナウ川に合流し、多くの国々を経て黒海に注ぐ。こう考えると、急に気分が壮大になってしまうから不思議なものである。

 列車は約6分でアルブラトンネルを抜けてシュピナスを通過し、ベヴェリン川に沿って山を下る。ここからはエンガディン地方となる。エンガディンとはロマンシュ語で「イン川の庭」という意味だそうで、その名の通りエンガディン地方は、イン川沿いの大きな渓谷になっている。

 しばらくして景色が平坦になってきた。が見えたと思うと、左から線路が合流する。そしてベーヴァーを通過。左からやって来た路線は、エンガディン地方の中でもイン川のより下流にある(それゆえウンター・エンガディンと呼ばれる)シュクオール方面からのものだ。
 14時42分、サメーダンに停車。5分停車して、14時47分に発車。車両基地を抜けるとすぐに線路は分岐し、列車は右に進んでイン川に沿って走る。左を進む路線については、また後に述べることになるだろう。谷間を囲む真っ白な山々が旅人の心を癒す。
 14時50分、ツェレリーナに停車。列車は小さな山越えをして右に左にカーブすると、トンネルに入って徐行する。トンネルを抜けると左から線路が合流。そして大きな湖のほとりの駅に滑り込む。14時55分、ついに終点のサン・モリッツに到着する

続く
目次へ


ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(24)

ベルギュン→プレダ(1)
フィリズール→プレダ

 険しい山道が続く。列車は大きくカーブしたかと思うと、ループに入る。標高が上がり、フィリズールの町が小さく見える。渓流に架かるアーチ橋を渡ってしばらく進むと、山に囲まれたのどかな町が見えてきた。14時12分、ベルギュンに停車。

 ベルギュンを出ると、車窓の眺めは大変なことになる。列車は右へ左へ大きくカーブしながら、最初のヘアピンカーブを通過する。これから通るはずの線路が、草原の向こう側に見える。カーブはなおも続く。通って来た線路が下の方に見え、山を登っていることを実感する。いつしかベルギュンの町が、はるか下方になっていた。
 だが、山登りはまだ続く。今度はループ区間に入って行く。これから通る線路が右上方に見えたかと思うと、さっき通ったばかりの線路がすぐ下に現れ、そして交差する。感動する間もなく、これから通る線路と立体交差。山を登って美しいアーチ橋を渡ると、下の線路と立体交差。私は席につくこともできずに、景色を見るため文字通り右往左往。もちろん、幸いにして他に誰も乗っていないからできることなのだが。鉄道ファンならずとも嬉しい悲鳴をあげたくなる鉄道ショーがようやく終わり、ベルギュンよりもっとのどかな山麓の村が現れる。14時30分、プレダに停車する。

続く
目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(23)

ランドヴァッサー橋(2)
トゥージス→フィリズール

 トゥージスを出発すると列車は大きく左カーブしてライン川を渡る。ライン川とはこれでお別れだ。を見下ろしながら再び山道を登り始め、今度はライン川の支流・アルブラ川の渓谷に沿って走る。
 もはや芸術的と言えるアーチ橋をいくつも渡り、右へ左へとカーブして、そして山腹に穿たれたいくつものトンネルを抜けて、列車はアルプスの谷間を縫うように進んで行く。13時46分、ティーフェンカステルに停車。

 列車は川沿いの崖上を走るかと思うと、なだらかな起伏のある草原を進む。沿線にはティーフェンカステルを初めとしてのどかな山里が散在する。
 列車の行く手に、切り立った崖とアーチ橋が現れた。崖にはトンネルが穿たれていてアーチ橋に接続している。これがベルニナ線の名所の一つ、ランドヴァッサー橋だ。そう気づいた時には、先頭車両は既に橋を渡り終えてトンネルに飲み込まれようとしている。続く車両も次々と飲み込まれてゆく。ついに私の乗る最後尾の車両が橋を渡る。見下ろすと、アルブラ川に注ぎ込むランドヴァッサー川の濁流がはるか下方に迸っていた。

 トンネルを抜けると、左から線路が合流して来る。これはダヴォス会議で有名な保養地・ダヴォスからやって来た路線である。13時59分、フィリズールに停車。ダヴォス行きの列車は隣のホームに停車している。

続く
目次へ


ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(22)

ライヒェナウ→トゥージス(1)
クール→トゥージス

 特急を降りてみると、既に向かい側のホームに真っ赤な車両の列車が停車している。サン・モリッツ行きの列車だ。車体に「レーティッシュ・バーン(レーティッシュ鉄道)」と書かれているので、これはレーティッシュ鉄道専用の車両である。レーティッシュ鉄道はスイス南東部に路線網を持つ私鉄で、実はラントクワルトから先はレーティッシュ鉄道の路線なのである。私が乗って来たスイス国鉄の特急は、ここクールまで乗り入れているのだ。

 それではこの赤い列車に乗ってみよう。1等車はがら空きなので、どこにでも座ることができる。12時58分、発車。クール駅の構内には、乗り入れているのであろうスイス国鉄の車両が停まっている。列車はいくつもの駅を通過して、13時4分、ドマート・エムスに停車。しばらく進むと、ライン川が目の前に現れる。13時8分、ライヒェナウ・タミンスに停車。

 列車はすぐにライン川を渡る。実はライン川には2つの源流があり、1つをフォルダーライン、もう一つをヒンターラインと言うそうだが、ここライヒェナウは両者の合流点で、今渡ったのは本流とされているフォルダーラインの方である。
 鉄道路線の方もこれに合わせて分岐する。私の乗る列車は分岐を左に進み、フォルダーラインに沿って南に向かう(ベルニナ線)が、右に分岐するとヒンターラインに沿って西に進む(オーバーランド線)。日本でも人気の氷河急行は、スイス南西部のツェルマットからオーバーランド線を通ってクールに向かい、そこから折り返してベルニナ線に入るというコースをとっている。

 ベルニナ線に入った列車は、フォルダーラインの渓谷に入って山を登り始める。大きなカーブを次々に通過する。川の対岸には古城らしき建物も見える。渓谷が少し開けてきた。真っ白な山々を背景に、お花畑が広がる。13時26分、トゥージスに停車する。

続く
目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(21)

クール行き特急(サルガンス駅)
サルガンス→クール

 サルガンス駅のホームで待つこと約10分。チューリッヒ方面から列車が入線する。クール行きの特急IC569だ。
 12時33分に発車。ライン川に沿って南東に進む。1等車の車内は、片側1列、もう片側2列の座席が並ぶ。車内放送は多言語国家のスイスらしく、ドイツ語・フランス語・英語で流れる。車窓には花畑が広がり、その向こうには冠雪した山々が聳える。

 ライン川を渡って東岸に移る。この辺りはラインの両岸共にスイス領だ。すぐにマイエンフェルトを通過する。この村は『アルプスの少女ハイジ』の舞台として知られ、世界中から観光客が訪れる。ハイジのふるさとにふさわしく、辺りにはのどかな風景が広がる。

 やがて、左から線路が合流する。スイス最東端のシュクオール方面からやって来た路線だ。12時40分、ラントクワルトに停車する。
 列車はライン川沿いの田園地帯を南に進む。しばらくして、大きな町に入る。12時52分、終点のクールに到着する

続く
目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(20)

ブッフス→サルガンス
フェルトキルヒ→サルガンス

 11時48分、フェルトキルヒを発車。すぐに分岐点にさしかかる。ここをまっすぐ北に向かえば、ブレゲンツを通ってドイツに入り、前回の旅行で訪れたボーデン湖畔へと至る。この列車は分岐点を左に進み、そのまま大きな左カーブに入る。カーブを抜けると進路が今までとはほぼ逆向きになり、南西へと向かう。緑の草原の真っただ中を徐行する。

 ティシスを通過すると、いよいよ国境を越えてリヒテンシュタイン公国に入る。ネンデルンを通過した辺りでいったん停車。対抗のRailjetが通過する。どうやらここは単線だったようだ。
 しばらくすると町が見えてきた。シャーンの町である。そしてシャーンを通過。写真ではわかりにくいが、駅名看板は「シャーン・ファドゥーツ」となっている。実はこのシャーンの駅はリヒテンシュタインの首都・ファドゥーツの最寄駅なのである。最寄とは言っても、シャーンはファドゥーツから数km離れてはいるのだが。ちなみに、リヒテンシュタインを通る鉄道はこの路線のみで、全てオーストリア鉄道のものである。それは、この国がかつてオーストリアと深くつながっていたからだろう。リヒテンシュタイン侯はもともとハプスブルク家の家臣であったし、実際20世紀になるまで代々ウィーンに住んでいたのだ。

 こうしている間に、列車はライン川を渡り、スイスに入る。リヒテンシュタインの領内は完全に素通りであった。ライン川はこのまま北上してボーデン湖に注ぎ込む。
 列車は川を渡ると大きく右カーブして南から来た線路と合流し、12時8分、ブッフスに停車する。

 12時13分に発車。進行方向が逆向きになる。すぐに分岐点を通過。ここを左に進むと、先ほどやって来た線路(リヒテンシュタイン、そしてオーストリアに向かう線路)となるが、今度はここをまっすぐに進み、ライン川に沿って南に向かう。西側に山々が聳えているライン川沿いの平地を進む。しばらく進むと川に沿って南西に向かい、そして分岐する。列車は分岐を左に進み、最初は大きく左カーブ、次いで右カーブして南東から来た線路と合流する。12時23分、サルガンスに停車。私はここで下車する。

 この後、特急Railjetは北西方向に向かって出発する。終点はチューリッヒである。
 ちなみに、先ほどの分岐を右に進むと、このチューリッヒ方面から線路と合流してサルガンス駅に入線できる。列車が進行方向を変えなくてもすむようになっているのだ。

続く
目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(19)

ランゲン→ブルーデンツ(4)
ランゲン・アム・アールベルク→フェルトキルヒ

 11時8分、ランゲンを発車。ここからはチロルではなく、フォアアールベルク地方、すなわち文字通り「アールベルク峠の手前」の地方に入る。列車はアルフェンツ川沿いの谷間を進む。大きく左カーブした先にアーチ橋が見える。アーチ橋の全貌は見えないが、機関車や先頭車両の姿が見えるのがいい。

 しばらくすると谷間が狭まり、川の対岸の山が目の前に迫って来る。雪解け水が滝となって岩盤の上を迸る

 再び谷間が開けてきた。ずっと先の方まで見渡せる。とても気持ちの良い眺望だ。また大きな左カーブ
 やがて今度は大きく右カーブして、南東のシュルンスからやって来た路線と合流し、大きな町に入る。11時31分、ブルーデンツに停車。

 ここからはさらに開けた谷間を進む。人口も多いようで、Sバーン区間になっており、いくつもの駅を通過する。スピードも上がって、140kmになる。しばらくしてトンネルに入り、スピードダウンして大きく右カーブする。トンネルを抜けたところで、11時46分、フェルトキルヒに停車。いよいよオーストリア最西端の町に到達したのだ。

続く
目次へ