ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(8)

コロッセオ(3)
7日目

娯楽

 朝、ホテルを出る。ホテルに一番近いのは地下鉄の駅なのだが、以下に記す事情により、あえて1駅先のテルミニ駅まで歩く。途中の通りにあるチケット販売スタンドで、ローマ・パスを買う。このパスは、ローマ市内の公共交通が3日間乗り放題になるうえ、最初に入った2つの見どころが無料・他の見どころも割引になる(2014年時点)という、なかなかの優れものだ。

 テルミニ駅から地下鉄B線に乗り、コロッセオで下車。地上に出ると、その名の通り目の前にコロッセオが現れる。
 何だか球場に野球を見に来たような気分になるが、これは紀元80年、すなわち1900年以上前に建てられたものだ。見方を変えれば、現在の球場や競技場の原型は、この時点でほぼ確立されたと言えるのかもしれない。

 ローマ有数の観光地だけあって、チケット売り場には既に長蛇の列・・・。だが、ローマ・パスを持っている私は、そこをスキップして入口に向かう。以前に行ったヴェローナなど、ヨーロッパ各地にローマ時代の競技場が残存しているが、その総本山であるここローマのコロッセオは、収容人数5万人超!やはりスケールが断然大きい。巨大な壁が今も訪れるものを圧倒する。
 中央の広大なアレーナでは、剣闘士や猛獣のショーが繰り広げられていた。いわゆる「パンとサーカス」のうちの「サーカス」がここで提供されていたのである。

続く
目次へ

"ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(8)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント