ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(27)

サン・モリッツ湖(5)
8日目

湖の朝

 朝、ホテルを出て駅に向かう道すがら、サン・モリッツ湖を見に行く。前の日とは打って変わり、湖の西岸も東岸もよく晴れている。というよりも、雨が少なく、晴れているのがサン・モリッツの普段の姿らしい。

 西岸の町と、南岸に聳える山が静かな湖面に映し出される。そして、西岸のさらに奥に聳える山は、真っ白な雪に覆われている。
 ずっと眺めていたい風景だけど、そろそろ列車の時間なので、踵を返して駅の方へと向かう。

続く
目次へ

"ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(27)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント