ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(21)

クール行き特急(サルガンス駅)
サルガンス→クール

 サルガンス駅のホームで待つこと約10分。チューリッヒ方面から列車が入線する。クール行きの特急IC569だ。
 12時33分に発車。ライン川に沿って南東に進む。1等車の車内は、片側1列、もう片側2列の座席が並ぶ。車内放送は多言語国家のスイスらしく、ドイツ語・フランス語・英語で流れる。車窓には花畑が広がり、その向こうには冠雪した山々が聳える。

 ライン川を渡って東岸に移る。この辺りはラインの両岸共にスイス領だ。すぐにマイエンフェルトを通過する。この村は『アルプスの少女ハイジ』の舞台として知られ、世界中から観光客が訪れる。ハイジのふるさとにふさわしく、辺りにはのどかな風景が広がる。

 やがて、左から線路が合流する。スイス最東端のシュクオール方面からやって来た路線だ。12時40分、ラントクワルトに停車する。
 列車はライン川沿いの田園地帯を南に進む。しばらくして、大きな町に入る。12時52分、終点のクールに到着する

続く
目次へ

"ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)(21)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント