シルクロード鉄道旅行-第7弾(タシケント→ブハラ・ウルゲンチ)(1)

タシケント駅
1日目・2日目

いざ出発

 タシケントの朝の空は晴れ渡っていた。今日も暑くなりそうだ。
 前の晩、前回の旅と同じく成田から仁川を経由してタシケントに到着した。睡眠時間もあまり取れなかったのだが、気が張っているためか、疲れは感じない。
 ホテルを出て、すぐ近くにある地下鉄ユーヌス・ラジャビイ駅に入る。ここから地下鉄ユーヌサバッド線に乗るのだ。ホームに水色一色に塗装された列車がやって来る。わずか1駅で、終点のミング・オリグに到着する。ここから、大理石とシャンデリアで装飾された豪華な地下通路を通って、ウズベキスタン線のオイベック駅に向かう。こちらのホームには、ウズベキスタンの国旗のモチーフが塗装された列車がやって来る。今度もわずか1駅でタシケント駅に到着する。

 地上に出ると、そこは鉄道のタシケント駅だ。巨大な駅舎の前面に張られたガラスが青く光っている。駅舎の裏のホームには、ブハラ行きの列車が停まっているはずだ。

続く
目次へ

"シルクロード鉄道旅行-第7弾(タシケント→ブハラ・ウルゲンチ)(1)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント