甲信縦断鉄道旅行(1)

甲府行き普通列車(富士駅)
1日目

富士→富士宮(身延線)

 東海道線の普通列車を富士で下車する。何とか持ちこたえて欲しかった空からは、既に雨が本格的に降り始めている。
 陸橋を渡って身延線のホームに行くと、そこには既に甲府行きの普通列車が停車していた。313系の電車だ。ドアは押しボタンで開閉する。

 10時46分、列車が発車する。すぐに東海道線と分岐して北上を開始する。沿線には平坦な田園風景が続くが、住宅地もかなり目立つ。途中駅では人の乗り降りが少ないため、大部分のドアは閉まったままだ。やがて、久々に大きな町が見えてきた。11時3分、富士宮に到着。ここで下車する。

続く
目次へ

"甲信縦断鉄道旅行(1)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント