立山・黒部 水流紀行(8)

画像
3日目

新魚津→宇奈月温泉(富山地方鉄道本線)

 JR魚津駅の東西を結ぶ地下通路の中に新魚津駅の入口がある。JR駅を一旦出てから地下通路に入らねばならず、また地上には案内板も少ないので、初めて利用する人にはとてもわかりにくい。切符売り場と改札口は、地下通路から伸びる狭い階段を登った所にある。改札口を抜けると、そこには隣接するJR駅と比べて非常に小さいが、古くて情趣のあるホームがある。
 8時16分、宇奈月温泉行きの普通列車で出発。まもなくJR北陸本線から分かれる。電鉄石田を過ぎると東へと大きくカーブして、北陸本線をまたぐ。列車は、そのまま東へとまっすぐ進む。辺りにはのどかな田園風景が広がる。
 愛本に停車。駅前には巨大な電力関連の施設が聳えている。そして黒部川も再びその姿を現す。列車はここから黒部川に沿って南へと進路を変える。しばらくは渓谷の景色が続くが、突如として近代的なホテルが建ち並ぶ温泉街が目の前に現れる。列車は9時ちょうどに宇奈月温泉に到着。

続く
目次へ

新魚津~宇奈月温泉の全体図


黒部付近


宇奈月付近

"立山・黒部 水流紀行(8)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント