三陸縦断鉄道旅行(八戸→仙台)(3)

画像
久慈→島越(北リアス線)

 「JRと三陸鉄道(三鉄)の駅は一緒になっていて、八戸線を降りれば隣のホームには三鉄の列車が待っている」と勝手にイメージしていた(地方に行くと大抵そうだから)のだが、ここでは事情が違うようだ。駅舎すら共有されていないので、JR駅の駅舎を出てすぐ隣の三鉄の駅舎に入る。
 12時14分、宮古行きの普通列車に乗って出発。しばらくの間は内陸部を走るが、陸中野田を過ぎると、ようやく海を目にすることができる。やがて頻繁にトンネルが現れ、その長さも次第に長くなる。山が海岸に迫っているリアス式海岸を、この鉄道が貫いていることを実感する。列車は鉄橋などのビューポイントで一時停車してくれる。
 普代を過ぎると長い普代トンネルに入る。トンネルを抜けると田野畑に到着。そして、田野畑から1駅先の島越で下車。13時8分。

続く
目次へ

久慈~島越


久慈


安家大橋


島越

"三陸縦断鉄道旅行(八戸→仙台)(3)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント