シルクロード鉄道旅行-第2弾(上海→敦煌)(5)

画像
上海駅

 いよいよ上海駅に入る。シルクロード鉄道旅行第1弾で行った北京西駅ほどではないが、大都市上海の玄関口だけあって、この駅もかなり大きい。駅構内の基本的な構造は北京西駅と同様なので、ここでは説明を省略する。食料は既に買っているので、飲料を駅の食料品店で買う。本屋では時刻表を買ったが、全国版の時刻表が無く、やむなく上海発着列車限定版を入手した。
 軟車(一等車)専用の待合室を探すが、見つからない。よく見ると、軟車はそもそも入口が異なるようだ・・・。(この点は北京西駅とは造りが異なる。)仕方なく、一般の待合室に入る。北京西駅に行った時は、ちょうど5月連休で「民族大移動」のシーズンであり、待合室は人で溢れかえっていたが、今回は8月だからか(中国では企業等での夏休みが無いようだ)、混雑はそれほどでもない。
 20時過ぎ、検札開始。ホームに下りると、そこには17両編成のウルムチ行きT52特快が停車中だ。敦煌への長い鉄道の旅が今始まろうとしている。

続く
目次へ

"シルクロード鉄道旅行-第2弾(上海→敦煌)(5)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント