下野・会津 鉄道と温泉の旅(4)

画像
川治湯元→鬼怒川公園(野岩鉄道・東武鉄道)
鬼怒川温泉にて

 川治湯元から浅草行きの快速列車に乗り、上り方向へ戻る。東武線への直通列車なので、新藤原で乗り換えることなく鬼怒川公園まで行き、ここで下車。駅近くのホテルに入る。

 ホテルに荷物を置いた後、鬼怒川温泉街を散策する。実は事前に調べていなかったのだが、ここには5つの橋が架かっている。この5つの橋を全て制覇することに決定。上流から、鬼怒岩橋・滝見橋・くろがね橋・ふれあい橋・立岩橋と見て回る。自然のままの風景が素晴らしい所もあり、川とそれに面した建物群の組み合わせが風情を生み出している所もある。橋を全部見て回ると1時間程度かかったが、心和むひと時を過ごすことができた。
 ホテルの部屋は鬼怒川に面している。この絶え間なく流れゆく水面を眺めながら、夕食をとる。一泊二食付きでそれほど高い値段ではないのだが、とても贅沢な時間が流れる。食事の後はもちろん温泉だ。またまた川に面した露天風呂。もう日が暮れて川を見ることはできないが、たまたま誰もおらず、一人でゆったりと湯に浸る。これ以上望みようの無い、至福の一日が終わろうとしている。

続く
目次へ

鬼怒川温泉街

"下野・会津 鉄道と温泉の旅(4)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント