下野・会津 鉄道と温泉の旅(2)

画像
龍王峡

 龍王峡は、この辺りに積もった火山岩が鬼怒川に浸食されてできた渓谷だ。駅の近くにある入口から川の方に下りると虹見滝虹見橋がある。川と虹見橋が見える方向にちょうど虹見滝が流れこんでいるので、この3者の作る景観がとても絵になっている。そこから川に沿って上流方向へ歩く。言われてみると、確かに巨大な岩が川に削られたような痕跡が随所にあり、面白い。上流へ進むほど道が細く険しくなり、ハイキングとしても楽しい。このまま進むと川治温泉まで行けるようなのだが、そこまでの時間も無いので鬼怒川が大きく蛇行する辺りで引き返す。このように複雑な地形なので、川の水がある所では澱み、ある所では激しく流れている。これは人生に似ている?と思ったりもする。

続く
目次へ

"下野・会津 鉄道と温泉の旅(2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント