シルクロード旅行-番外編1(上海→嘉峪関)(5)

画像
5月1日

上海→西安→蘭州→嘉峪関

 6時30分過ぎ、ホテルを出発。ホテルの送迎バスは5分もしないうちに虹橋空港に到着。これなら8時発の飛行機には十分間に合う。虹橋に泊まったもう一つの理由はここにある。中国の5月連休の初日、空港は早朝から混雑していた。
 8時ちょうど、西安経由で西寧へ向かう便で出発。10時過ぎ、西安に到着。1年ぶりの西安空港である。飛行機の乗り継ぎには時間に余裕を持つのは当然のことなのだが、予定通りに着けば着いたで暇のつぶし方に苦労するのだ。特に西安空港は市内から遠く、遊びに行きたくても行けない。仕方なく、空港周辺やターミナル内をぶらつく。
 14時過ぎ、蘭州経由で嘉峪関へ向かう便に乗る。ターミナルからバスに乗せられて飛行機の前に着いてみると、それは非常に小型だった。主翼を見ると、一応ジェットエンジンはついているようだ。飛行機の内部には、左側に1つ、右側に2つの座席があり、それが10列あるので、30人乗りである。機体が小さいせいだろう、天気も良く風もあまりないはずなのによく揺れる。飛行機が嫌いな人には、絶対に薦められない。
 15時30分頃、蘭州に到着。経由便では、全乗客がいったん降りなければならない。しかも、蘭州で降りる人と嘉峪関まで行く人とではバスを降ろされる場所が異なったり、トランジット用のチケットをもらう必要があったりと結構複雑だ。私は経由便で最終目的地まで行くのは初めてだったうえ、英語での説明が無かったため、かなり戸惑ってしまった。
 16時過ぎ、蘭州を出発。それから1時間余り、眼下に砂の海が見えてきた。所々に見える緑のオアシスはまるで本物の島のようだ。やがて飛行機は、そのオアシスの一つに近づき着陸する。ここが嘉峪関だ。

続く
目次へ

上海~西安


西安~蘭州


蘭州~嘉峪関

"シルクロード旅行-番外編1(上海→嘉峪関)(5)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント