渡良瀬渓谷の旅(1)

画像
桐生→大間々

 桐生駅の片隅に停車している全身茶色の列車の乗り込んだ。大間々行きの列車である。休日の早朝なので、ここはもちろん、すぐ隣の両毛線のホームにも人影がまばらである。
 動き出した列車は両毛線に平行して西へ走り、渡良瀬川を渡る。下新田を出てから両毛線と分かれて北上する。相老に停車。東武線の駅が隣接している。この辺りはJR,、東武、上毛電鉄、わたらせ渓谷鉄道が交錯しているが、乗り換え可能な駅が少ない。傍目には興味深くて面白いのだが、地元の人は不便ではないだろうか?そんなことを考えていると、もう大間々に到着。

続く
目次へ

桐生~大間々


桐生~相老


大間々

"渡良瀬渓谷の旅(1)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント