沖縄旅行-日本最南端・最西端の駅と美ら海を訪ねて(9)

画像
旅の終わりに

 首里から那覇空港行きの「ゆいレール」に乗る。時刻は正午を回っていて、朝のガラガラ具合がまるで嘘のように大勢の人が乗り降りする。多くは地元の子供連れの家族のようだ。普段はあまり乗らないのか、子供達は珍しそうに窓の外を見ている。
 県庁前で下車。駅名の通り、駅の周辺には県庁をはじめ主要な機関が集まっており、沖縄の中心地と言える。駅前の商業施設「パレットくもじ」に入って昼食をとる。沖縄最後の食事は「ゆし豆腐」にした。最後まで食事には「はずれ」が無かったのが嬉しい。
 県庁前から再び「ゆいレール」に乗る。那覇港が右手に見えるが、次第に遠ざかって行く。那覇空港までの短い時間が名残惜しい。

 夕方、羽田行きの便が出発する。飛行機は青い海の上をかすめ、やがて天空の彼方へと消えて行った。

アルバムへ
目次へ

那覇空港~首里


沖縄県庁付近

"沖縄旅行-日本最南端・最西端の駅と美ら海を訪ねて(9)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント