沖縄旅行-日本最南端・最西端の駅と美ら海を訪ねて(6)

画像
それから

 沖縄記念公園を出ると、途中パイナップル農園に立ち寄り、再び名護を経由して今度は沖縄自動車道に入る。往きとは反対に沖縄本島の東海岸を通る。右手に見える金武湾の眺めが素晴らしい。
 沖縄市の東南植物楽園に到着。東京では温室でしか見られない亜熱帯の草木が露地に生えているのを見ると、南国に来た実感が改めて湧いてくる。
 バスは、最後に土産物店(お約束!)に立ち寄る。私は特に買いたいものが無いので、店の隣にあるA&Wに入る。A&Wは、沖縄に戦後初めてオープンしたファーストフードチェーンだ。セットメニューを注文する。ドリンクにはこの店の名物、ルートビアがジョッキに入って出てくる。「ビア」とは言ってもアルコールは無く、コーラのような飲み物だ。一口飲んでみると、子供の頃に飲んだ「ドクターペッパー」を思い出した。ルートビアはおかわり自由で、店員さんが注いで回っている。おかげで、ジョッキで軽く1.5杯は飲んでしまった。
 帰路はコザから北谷に出て再び西海岸を行く。途中、コザのアメリカ風の町並みが見える。両側を高いフェンスで囲われた道路を通る。フェンスの向こうは基地である。
 日が暮れかかる頃、那覇に到着。沖縄料理店に入り、ゴーヤチャンプルーを初めて食べる。ゴーヤの苦味は思っていた程ではなく、とてもおいしい。泡盛も初めて飲んだ。アルコールが30度以上はあるのだが、味があっさりしていてストレートでも抵抗無く飲めた。疲れた体に美酒が染み渡る。今夜は良く眠れそうだ。

アルバムへ
続く
目次へ

本部町~沖縄市


コザ付近


沖縄市~那覇市

"沖縄旅行-日本最南端・最西端の駅と美ら海を訪ねて(6)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント