日本横断鉄道旅行(最東端の駅→本土最西端の駅)(16)

画像
八甲田丸(2)

 船室から階段を下りると、そこは車両甲板だ。ここにはかつて文字通り列車・機関車が載せられていたのだ。現在では、昔懐かしい列車・機関車が展示されている。郵便車気動車・電車・ディーゼル機関車などなど。私は車両については全く無知であるが、鉄道の歴史を彩った数々の車両が並んでいるのを見ると、感動を覚える。
 現役を終えた車両達は、同じく現役を終えた八甲田丸の中でこれからも余生を送るのだろう。本当にご苦労様。

アルバムへ
続く
目次へ

"日本横断鉄道旅行(最東端の駅→本土最西端の駅)(16)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント