東京→日本海→大阪の旅(2)

画像
新宿→松本→信濃大町(中央本線・大糸線)

 夜行ということで、車内は非常に暗い。本を読むことができない。三鷹の辺りまでは沿線が明るかったが、それを過ぎると駅以外は真っ暗だ。高尾より先は駅自体が消灯していた。1時を過ぎているのだから当然なのだが。
 こんな環境だから眠るしかない。しかし慣れているとはいえ、通常の座席でまとまった睡眠をとるのは容易ではない。だから列車が停まる度に、夢現にどこの駅か気になってしまう。夜間は車内放送がないのだ。
 大月→塩山→甲府→小淵沢→茅野→上諏訪→岡谷→塩尻と中央本線の主要駅に停まったはずだが、その辺の記憶は夢に紛れてしまった。
 松本には4時30分頃到着。ここで車内が明るくなり、車内放送も再開。ここから大糸線に入る。
 列車の右側、東の空に太陽が昇り始める。列車の左側には朝日に照らされた美しい北アルプスの山々が間近に並んで見える。北アルプスをこんなに近くで見たのは初めてだ。山々はなかなか途切れそうにない。
 5時過ぎに信濃大町に到着。列車は白馬行きだが、私はここで下車する。

アルバムへ
続く
目次へ

新宿~信濃大町


松本~信濃大町

"東京→日本海→大阪の旅(2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント