日本縦断鉄道旅行(最北端の駅→本土最南端の駅)(37)

画像
姫路→岡山(山陽本線)

 15時4分、岡山行きの普通列車で姫路を発つ。この短い列車(確か4両だったと思う)にはもう何回も乗っているが、少なくとも夏休みには本当によく混んでいる。座るどころか、立つ隙間も禄に無い。
 相生を過ぎて、ようやく車内に隙間ができる。上郡に停車。隣には智頭急行のホームが見える。列車は船坂山への長い坂を上る。私は「ツチノコ」に思いをめぐらす。「ツチノコ」は上郡など千種川流域や岡山県東部に目撃情報がある。確かに一度は見てみたいが、野山でひょっこり出くわすのはちょっと・・・。
 船坂山のトンネルを抜けると岡山県だ。三石に停車。辺りには備前焼を焼く釜の煙突があちこちに見える。
 さらに西に進み、山あいの田園風景を抜け、吉井川に沿って走る。この頃には車内もだいぶ空いてくる。東岡山で赤穂線と合流。新幹線とまっすぐ並行する。旭川を越える。16時26分、岡山に到着。

アルバムへ
続く
目次へ

姫路~岡山


姫路


上郡付近


岡山付近

"日本縦断鉄道旅行(最北端の駅→本土最南端の駅)(37)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント