日本縦断鉄道旅行(最北端の駅→本土最南端の駅)(27)

画像
青森→八戸(東北本線)

 17時20分、青森を出発。今回の旅行では太平洋側を通るので、東北本線を利用する。お盆休みではあるが、車内は勤め帰りの人で混み合っている。津軽弁が飛び交っているのを聞くと、青森に来た実感が改めてわく。
 浅虫温泉に停車。海がよく見えるのだが、日暮れ時と天気の悪さが重なり、非常に暗い色をしている。三沢に着く頃には日もとっぷりと暮れた。八戸到着を知らせる放送で目が覚めた。いつの間にか眠っていたらしい。19時1分、八戸に到着。今日はここに泊まる。
 新幹線が開業したばかり(開業は2002年12月)の八戸駅は真新しく、開業を祝うお祭りの余韻が残っていた。エスカレーターで下りて外に出る。強い雨が降っていた。歩くこと10分。泊まるはずのホテルが見つからない。ホテルに電話して、駅の出口を間違えたことがわかった。普段はあまりやらないミスをこんな時に犯すのは痛い。結局、駅を出て30分後にホテルに着。こうして今日も長い一日を終える。

アルバムへ
続く
目次へ

青森~八戸


浅虫温泉


八戸

"日本縦断鉄道旅行(最北端の駅→本土最南端の駅)(27)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント