日本縦断鉄道旅行(最北端の駅→本土最南端の駅)(23)

画像
函館→木古内(江差線)

 13時3分、函館を出発。1両の列車は帰省客や観光客で混み合い、重い荷物を持っていると立つのがやっとだ。
 上磯を過ぎてようやく座れるようになる。この辺りからは海水浴場が点在する緩やかな海岸線が続く。波はほとんど見えない。北海道というと荒々しい海を想像しがちだが、こういう所もあるのだ。
 木古内には14時16分に到着。乗り換え時間が短いので、階段を駆け上がる。

アルバムへ
続く
目次へ

函館~木古内


木古内

"日本縦断鉄道旅行(最北端の駅→本土最南端の駅)(23)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント