ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(12)

マルセイユ行き列車(マルセイユ・サン・シャルル駅)
5日目
イエール→トゥーロン→マルセイユ

 8時35分過ぎにイエール駅に向かう。電光掲示板を見ると、マルセイユ行きの列車が8時38分発になっている。何で調べたかは忘れてしまったが、私は8時58分発だと思っていたので、ちょっと慌てる・・・。もはやこのタイミングでは切符を買うことは困難だし、焦って行動を起こすとロクなことがないので、ここは諦めて次を考えよう。
 次の列車は・・・9時18分発で始発のTGV(パリ・リヨン駅行き)だ。だが、この列車はマルセイユを通過してしまう・・・。やむなく、トゥーロンまでの切符を買う。このTGVは既に入線していたが、まだ準備中であった。

 9時過ぎ、TGVに乗車。そして定刻の9時18分に発車する。TGVであるから、途中駅は当たり前のようにすっ飛ばしてトゥーロンに停車。9時33分。

 既に朝食も済ませていたので、特に何もすることなく、トゥーロン駅で時間を過ごす。
 10時45分、マルセイユ行きの列車が到着。これはニース始発らしく、かなり混んではいるが、それでも2階建て車両であり、2階席にはまだ空席があったので座れた。
 10時51分に発車。列車はトゥーロンの市街地を東西に横断するとラ・セーヌを通過して大きな操車場を抜ける。普通列車だと思っていたが、どうやら快速だったようだ。
 郊外に出ると、丘陵が広がり、その上には住宅地が連なる。次いでバンドル湾の青い海が左手に現れる。やがて海から離れていったん内陸に入る。
 サン・シル・シュール・メールの辺りで再び海が姿を現すが、それも長く続かず、再度内陸へ、それも山道を上る。カシを通過すると長いトンネルに入る。
 トンネルを抜けたところは大きな町・オバーニュだが、ここも通過する。ここからはユヴォーヌ川に沿って西に進む。ラ・ポムの辺りで川から離れる。ブランカルドを通過すると、市街地はさらに大きくなり、線路が束になる。ここまでノンストップで飛ばしに飛ばしてきた列車が、ようやく徐行を始める。やがて北東方向から来た線路の束と合流して、束はますます太くなる。そして、列車はマルセイユ・サン・シャルル駅にゆっくりと入線し、停車。11時30分。

 到着したのは前方に張り出したホームだったから、駅舎まではけっこう距離がある。出口は途中にもあるので、何も駅舎まで行く必要はないのだが、駅舎を見るのも鉄道旅行のうちである。
 やがて屋根を構成する巨大な鉄骨が現れる。何だか船のドックか工場に入る気分だ。屋根の下に入ると、そこはさすがに厳しい日差しから守られ、涼しい。
 そして、ホームの先端を越えてようやくコンコース(何だか空港のようだ)にたどり着く。この駅も他のヨーロッパの大都市の駅と同じく、コンコースの先に頭端式のホームがずらりと並ぶ構造になっている。

続く
目次へ