ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(13)

カシ海岸からカナイユ岬を臨む
断崖

 正午過ぎ、マルセイユ・サン・シャルル駅を出て駅近くのホテルにチェックイン。すぐさま駅に引き返して昼食。
 13時4分、トゥーロン行きの列車で出発。13時8分、マルセイユ・ブランカルドに停車。だが、ここで異変が発生する。何と列車の電源が落ち、照明もエアコンも止まってしまったのである・・・。車掌がやって来て、何か説明しているのだが、さっぱりわからない・・・。誰も降りようとしないから、運転見合わせでこの列車が回送化することはないということを辛うじて理解するのみだ。
 しばらくして電源が入り、エアコンもオンになった(夏場だからこれだけでも嬉しい)。対向列車がやって来たから、この列車も動くかと期待したが、それはなかった・・・。後からやって来たTGVも、ここで停まったままだ。
 結局、停車してから約40分後の13時49分にようやく発車する。

 列車はユヴォーヌ川を遡り、14時ちょうどにオバーニュに停車。ここから山越え区間に入り、トンネルを抜けると14時10分にカシに停車。私はここで下車する。

 高台にある駅から、海岸にあるカシの町までは少し距離があるのでバスに乗りたい。だが、本来間に合うはずだった14時5分発のバスはもう行ってしまった・・・。同じ期待を持っていたに違いない多くの乗客と共に、小さな駅舎の前でバスを待つ。
 待つこと約1時間(待つことの何と多い日であろうか)、ようやくバスがやって来る。バスと言ってもマイクロバスだから、利用客はあまり多くないのであろう。15時5分に発車。

 バスはずっと坂道を下ってカシの町に入り、終点のカジノ前に到着。海岸に歩いて行って、思わず息を吞む。彼方にぐっと突き出た赤く巨大な断崖(カナイユ岬)と手前に広がる青く透明な海の見事なコントラスト!

 だが、あまり見とれている暇はなかった。カランク巡りのクルーズ船がもうすぐ出航しようとしている。船が港の入口を過ぎると、カナイユ岬が再び姿を現す。船はスピードを一気に落として、深く抉られた入江(カランク)に入ってゆく。海面の上昇と下降が深くシワを刻み込んだ白い岩肌が印象的だ。そして船は再びスピードを上げて、へと戻ってゆく。

 陸に上がると、今度は港の先端に行く。目の前の海は、時折行き交う小さなクルーズ船以外には動きがない。岸壁や周囲の建物の白と海の青のコントラストが、止まった時間の中で固定される。

 町の中心部、カシ城の見える辺りで少々早い夕食をとる。カシ特産の白ワインとシーザーサラダという簡単なものだが、辺りの景色と相まって、とてもおいしい。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント