ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(11)

サン・ポール通り
花束

 バスは駅前を通過すると、市の中心部に入る。そして、公園の前に停車する。ここが終点のようだ。まずは近くのレストランに入って昼食。コース料理を食べる。前菜のカクテルにチーズのピザ風・西洋わさびのせ、メインはチキンのソテーとトマトのグリル。満腹・・・。

 ほろ酔い気分で公園西側の旧市街地に向かう。その入口に口を開けているのが、マシヨン門だ。ここをくぐると狭い路地が北西側の丘に向かって上り坂となっている。タンプリエの塔の前を通って、さらに坂を上る。この街には花が多い。家々の壁から飛び出すその姿は、実に鮮やかだ。

 サン・ポール教会の前までやって来た。ここでも草が壁からはい出して花を咲かせている。人家はまばらになるが、上り坂はさらに続き、勾配もきつくなる。腹ごなしの運動としては、ややきつい・・・。

 息を切らせながら坂を上りつめると、そこは城跡だった。イエールの町と青い海、そして島々が一望できる

 城からの下りは、別の道を通ってみた。こちらはヘアピンカーブの続く、いかにも山道らしい道だ。そしてここでも、鮮やかな花が顔をのぞかせる。

続く
目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(10)

ポルクロル島→ラ・トゥール・フォンデュ
4日目
白波

 朝、イエール駅前から67番の市バスに乗る。バスは幹線道路を南東へと向かうのだが、線路が並走していることに気が付く。前回も少し触れたように、この線路は駅からずっと伸びている。だが、イエール港の手前で線路はぷっつりと途絶えてしまう。おそらくは、かつて港への引き込み貨物線だったのであろう。
 幹線道路は、港の入口で向きを南に変える。ここからは細長く海に突き出た潟となる。ビーチが続き、リゾートホテルが立ち並ぶ。宿泊客と思わしき人々が次々とバスに乗り込んでくる。
 潟が尽きると、今度は山道を上る。ここは、おそらくかつては島だったのであろう。坂道の途中でバスは横に折れ、さらに狭い坂を上ると、教会の前の展望台のようなところに到着。ここでしばらく停車すると、今度は来た道を折り返して、先ほどの道の分岐点に戻ると、南東へと坂道を下る。
 そして終点のラ・トゥール・フォンデュに到着

 ラ・トゥール・フォンデュという名前は、おそらく岬の先端にある灯台のような砦のような建物を指すのであろう。ここにも小さな港があり、イエール諸島に向かうフェリーが発着している。その一つ、ポルクロル島に向かうフェリーに向かうが、早くもすごい行列だ・・・。
 フェリーは9時30分に出発する。混雑のため、ど真ん中の何も見えない席に追いやられてしまう。10時前にはポルクロル島に到着。

 島は、港の周辺こそ賑わっているものの、その先に行くと未舗装の道路も多く、バスなどはない。長時間滞在できるのであれば、あちこち散策できるのだが、私には長くて数時間しかなく、港の周辺を少し歩き回るしかできない。
 まずは港から東へ少し歩くと坂道となり、崖下にはビーチやボートの停泊場が見える。
 今度は港から南に向かうと小山があり、山の上にはいつの時代のものかわからないががある。
 もちろん、どの方向にも道はずっと先に伸びているのだが、あまり深入りできない私は早々に引き上げてしまう。

 11時30分のフェリーでイエールに戻る。さすがにこの時間に島から戻る人は少なく、今度は船縁に座れる。乗客が少ないせいなのか、潮のせいなのか、船足が速い。白波を立てて快調に進む。早くも11時45分にはラ・トゥール・フォンデュに到着。
 折り返しのフェリーは、乗客を満載して慌ただしく出港する

 11時50分発車予定の67番バスは、なかなかやって来ず、結局12時15分に到着した・・・。案の定、ここまでぎっしり詰め込まれた超満員の乗客が一斉に降りてゆく。フェリーと同様、イエールへ戻る便は大して混んでいない。潟のビーチも大勢の海水浴客で賑わっている。バスは、遅れを取り戻すためなのか、恐ろしく飛ばす・・・。今度は駅前では降りず、終点の市中心部まで乗り続ける。

続く
目次へ