ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(9)

パリ行きTGV(トゥーロン駅)
カンヌ→トゥーロン→イエール

 カンヌ駅に戻って列車の切符を自販機で買おうとするが、何だかんだで乗りたい列車を予約できない・・・。結局スマホのSNCFアプリで購入。もうこういう時代なのだ。
 16時22分発のパリ行きTGVは、10分以上遅れてカンヌに到着。1等車は左右2列ずつでとてもゆったりしており、乗り心地もいい。それは良いのだが、私の座席は山側で、海が見られない・・・。
 列車は12分遅れの16時34分に出発。すぐに入ったトンネルを抜けると、ビーチが広がる(はずだ)。ラ・ボッカの手前で北に向かう線路と分岐すると、大きな操車場を抜ける。次いで、大きなヨットハーバーのあるシアーニュ川を渡ってナプールを通過。海岸にはナプール城が見える(はずだ)。

 ここからは、「コルニッシュ・ドル(黄金の断崖)」と呼ばれるエリアに入る。確かに山側には赤茶けた岩山が無数に聳えている。だが、海岸の方は見ることができない。何だか、真っ二つに割られた風景画の片方を見せられているようでモヤモヤしてしまう。この景色を堪能したいならば、やはり途中下車すべきなのだろう。
 私がモヤモヤしている間に、列車はテウール、ル・トラヤ、アンテオール、アゲ、ル・ドラモン、ブルリと(たぶん)風光明媚な港町を次々に通過する。
 そして、列車は早くもコルニッシュ・ドルの西端、サン・ラファエルに停車する。16時56分。

 ここからは海と離れて内陸に入る。大聖堂とローマ遺跡のあるフレジュスを通過し、TGVらしくスピードを上げて西にぐんぐん進む。17時12分、レ・ザルクに停車。南に向きを変え、さらにぐんぐん進む。ラ・ポリーヌの手前で、左から線路が合流。これがイエールからの線路である。
 やがて大きな市街地が現れ、列車は徐行する。17時45分、トゥーロンに停車。私はここで下車する。

 フランス海軍の拠点もある大きな港町の玄関口だけあって、トゥーロンの駅舎はなかなか立派である。一方、イエールへ向かう路線はローカル線だからか、TGVの停車するホームに比べるとそのホームは非常に狭い・・・。

 18時5分、イエール行きの列車が入線する。マルセイユ始発の列車である。18時7分に発車。いったんカンヌ方面へと逆戻りする。
 2つ目の駅、ラ・ポリーヌには18時14分に停車。おそらく信号待ちをするのだろう、ここで4分待って18時18分に発車。その直後、カンヌ方面への線路と分岐して東に向かう。ここからはイエールへ向かう単線の支線となる。
 18時19分、ラ・クロに停車。そして18時26分、終点のイエールに到着。結局、この支線には駅が2つしかないのだ。

 イエールは行き止まりの駅だから、ホームが頭端型になっているのは不思議ではない。だが、通路が踏切になっているのは、後述するようにこの先に貨物線が伸びているからだろう。それにしても、ローカル線の駅とは思えないくらいホームは広く、長い。トゥーロン駅のホームとは対照的ですらある。それは、パリに直通するTGVが発着しているからなのであろう。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント