ヨーロッパ横断鉄道旅行-第14弾(ニース→マルセイユ)(4)

トラム・オート付近
(支線)ディーニュ・レ・バン→アノ

 ホームに向かうと、先ほど乗ってきた列車がそのまま停車していた。そして、これが折り返しのニース行きとなる。

 14時25分に発車。次のゴベールには14時31分に停車。辺りにはひまわり畑やゴルフ場が広がる。
 列車は次第に山道を登り始める。ゴーカートのコースのようなものまである。地面が乾いているせいか、砂ぼこりが立ち込める。14時41分、メゼルに停車。ここからはアッス川に沿って進む。14時48分シャブリエール、14時55分ショドン・ノラント、15時2分バレームに停車。川幅は次第に狭くなり、車内の乗客は増える一方である。
 15時16分、モリエに停車。ここから長いトンネルに入り、途中から坂を下る。湖岸の美しい街が見えてきた。15時21分、サンタンドレ・レ・ザルプに停車。ここで対向列車を待って、15時25分に出発。再び坂を上り、今度はヴェルドン川に沿って進む。

 15時36分、トラム・オートに停車。線路脇の壁には、駅付近?の写真が描かれている。列車は一度ヴェルドン川を渡って対岸を進むと、再び川を渡ってトンネルに入る。
 長いトンネルの中で分水嶺を越えて、15時43分にPryseqに停車。ホームが短いので、前半の車両は橋の上にかかっている。15時47分、メアイユに停車。峡谷に沿って坂を下っていく。川沿いには別荘らしき大きな屋敷と庭が見える。
 やがて谷間が下方に大きく開け、線路はほとんどループを描くように大きくカーブする。カーブからは、美しい村の景色がパノラマのように広がる。カーブを抜けると、ル・フュージュレに停車。15時54分。
 下り坂はまだ続く。今度はやや大きな町が現れる。列車折り返し用のターンテーブルが見える。16時ちょうど、アノに停車。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント