ヨーロッパ横断鉄道旅行-第12弾(ピサ→ミラノ)(16)

日本館
7日目

万博

 旅の最終日は、その当時(2015年)開催されていたミラノ万博に行った。

 ミラノ中央駅からトリノ行きの快速列車に乗る。列車は発車後すぐに環状線に入り、西に向かう。この路線は初めてである。そして環状線から離れて少し北西に進んだところで最初の停車。ここがRHO Fierraという駅で、国際展示場すなわち当時の万博会場の最寄り駅であった。ここまで約10分。ミラノの中心部から至近距離にあると言える。改札前のスペースはとても広く、特に帰りの混雑への対応を想定しているようだ。

 万博の開場は10時だが、それを前にして入口は既に来場者でごった返している。
 ようやく10時になった。来場者が一斉になだれ込む、と言いたいところだが、そうはいかない。なぜなら、入口で一人一人ボディチェックを受けているからである。近年のテロの影響は、こんなところにも影を落とす。

 さて、この万博のテーマの一つは食であった。食から農業、さらには環境問題への理解を促すということのようだ。しかし、胃袋を一生引っ提げる宿命にある人間は、目の前のニンジン、いや、世界各地のグルメに目も心も奪われてしまう。かくして私も・・・。

 手始めにチェコ館でピルスナー、次いでベルギー館で黒ビールとベルギーフライ。オランダ館ではハイネケンとパティが全てチーズの「チーズバーガー」。そして、南米のビーフの臭いに誘われ、最後はイタリアワインのテイスティングで終わる。
 食べる合間に、日本館(待ち時間を表示していたのはここだけだ)やトルコのゆるキャラを見たりして過ごす。夕立もあったが、通路に広く屋根を渡しているので気にならない。

 気が付くと、もう夜だった・・・。夢から醒めたように万博会場を出て駅に向かう。何気なく電光掲示板を見て驚く。ダイヤが大幅に乱れているのだ。日本とは異なり、イタリアではダイヤが乱れた時も館内放送などの「音」はほとんどない(放送があったとしても、私には聞き取れないのだが・・・)。だから駅の様子も普段とはあまり変わらないのである。
 ミラノ中央駅へ向かう列車の本数が多いおかげだろうが、駅ではそれほど待つことなく、予定より約90分遅れで到着した列車に乗り込む。なんとなく疲れた表情の人が多い。約15分でミラノ中央駅に到着。
 どことなく殺伐とした雰囲気になった駅をさっさと出ると、街の夜景を見てほっとする。

目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第12弾(ピサ→ミラノ)(15)

ミラノ行きThello(ジェノヴァ・プリンチペ駅)(1)
ジェノヴァ→ミラノ

 そして私は、ジェノヴァ・プリンチペ駅に戻ってきた。ホームに降り注ぐ日差しは、17時とは思えないほど強い。17時5分、その太陽のある方向、西側から、列車が入線する。イタリアのテッロ社が運行する国際特急で、フランスのニースからミラノへと向かう。後ろから2両目の一等車に乗ると、座席は2列・1列でとてもゆったりしている。

 17時21分、ジェノヴァ・プリンチペを発車。列車は進行方向を西に変える。したがって、私が乗っている車両も前から2両目になる。すぐに駅西側の丘の下のトンネルに入ると、ここで分岐。西のニース方面行きの列車や各駅停車はすぐにトンネルを抜けて海岸に出るが、北方行きの特急列車はなおもトンネル内を進む。ようやくトンネルを抜けた時は、北から流れるポルチェヴェラ川が左手に流れている。
 川を渡ると、今度は右手の川向こうにも線路が見える。これはジェノヴァと北方を結ぶ在来線で、この列車が進むのは特急専用線である。トンネルが断続する渓谷の景色がしばらく続く。

 渓谷の中で、いつしかジェノヴァのあるリグーリア州からピエモンテ州に入っていた。やがて渓谷が開けてきて、在来線と合流する。線路もまっすぐになり、列車のスピードもぐんぐん上がる。アルカータ・スクリヴィアを通過。再び在来線と分かれると広大な草地の中を単独で北に直進してトルトナを通過。いったんアレッサンドリアを経由する在来線と合流する。ここからはまっすぐ北東に進み、18時10分ヴォゲーラに停車。

 列車はヴォゲーラを出発するとすぐに左に分岐して、さらに北東に進む。ちなみに、ここを右に分岐するとまっすぐ東に向かい、ピアチェンツァに至る。
 やがて北イタリアの大河・ポー川が現れ、列車はそれを渡る。左からは、これもアレッサンドリアからの線路がやって来て合流し、ティチノ川を渡る。そして18時26分、パヴィアに停車。
 パヴィアを出ると、すぐに左右に大きく分岐。右に進むとピアチェンツァに行ってしまうから、もちろんこの列車は左に進む。名高いパヴィアの修道院を左手に見ながら、列車はまっすぐな線路を快走する。ミラノ・ロゴレードを通過すると、いよいよミラノの「鉄道環状線」(線路がおおよそ環状につながっているだけで、山手線のような路線があるわけではないようだ)に入り、線路の立体交差も現れる。辺りの景色もすっかり市街地になる。「環状線」の東側・ランブラーテを通過すると列車は徐行を始める。広い構内線には、その当時(2015年5月)開催中のミラノ万博を記念して「EXPO」のロゴをあしらった特急車両が停車している。ミラノ行き列車はその脇を通過して、ゆっくりと巨大なミラノ中央駅へと吸い込まれてゆく。18時55分、到着

 2年ぶりのミラノ中央駅であったが、変わっていたのはホームの入口で切符をチェックするようになっていたことだ。改札ができたとも言えるだろう。もちろん、神殿とも教会とも言える巨大な駅舎が変わることはない。

続く
目次へ