ヨーロッパ横断鉄道旅行-第12弾(ピサ→ミラノ)(10)

マナローラ(2)
五村(その4)

 ヴェルナッツァ駅に向かう。ここも案の定大変な混雑である。だが、以前に書いた通りヴェルナッツァ駅はホームの地上部分はわずかで、その多くがトンネル内にある。モンテロッソ駅と同様、ここでも「トンネルの法則」は有効だった。やはりトンネル内の人は少ない。

 16時45分、ラ・スペツィア行きの列車は約15分遅れで到着。おそらく混雑のせいだろう。もちろん、すぐに反対側の長いトンネルに入る。トンネルを抜けるとコルニ―リアに停車。ここもチンクエテッレの一つだが、村が駅から遠いので訪問は諦める。再びトンネルに入り、そこを抜けると、マナローラに停車。17時ちょうど。ここで下車する。
 マナローラ駅もまた前後をトンネルに挟まれている。ジェノヴァ寄りにある山が駅と村とを隔てており、ホームから村側の出口に向かうにはトンネルを通らねばならない。

 マナローラもまた、断崖に囲まれた小さな漁村である。山から続く小さな通りが、断崖にわずかに穿たれた入江に続いている。とりわけ入江の海に向かって左側(南側)の崖の上に人家が密集しており、これが独特の素晴らしい景観を作っている。
 この入江を眺めながらの夕食は格別だ。ルッコラ・チーズ・トマトのパスタ、シーバスのグリル、ワインはその名も5 Terre(チンクエテッレ)というDOCの白ワイン。

 夕闇が迫った海岸のホームから、ジェノヴァ方面行きの列車が発車する。絵になる景色だ。しばらくして、反対側のホームにラ・スペツィア行きの列車が到着する。18時48分。10分遅れである。夜になってもまだ列車の遅れは解消していないようだ。
 列車はすぐにトンネルに入る。短いのですぐに抜けるとリオマッジョーレに停車。ここでも大勢の観光客が乗り込む。そして今度はひときわ長いトンネルに入り、ポルト・ヴェネーレのある半島の根元を貫く。私のような観光客にとって、これは日常と非日常の境であるように思える。トンネルを抜けると、日常の世界、大きな町が見えてきた。19時ちょうど、ラ・スペツィアに到着する。長く、そして楽しい一日が終わった。

続く
目次へ

ヨーロッパ横断鉄道旅行-第12弾(ピサ→ミラノ)(9)

ドーリア城から(2)
五村(その2 もう一度)

 リオマッジョーレで再度モンテロッソ行きのフェリーに乗る。ここが始発だからけっこう空いていて、先ほどはあまり見られなかった海岸側の景色もよく見える。フェリーはリオマッジョーレを後にすると、北上してマナローラに向かう。マナローラの手前で、トンネルが少し途切れる区間があり、マナローラの駅はここにある。列車がちょっと息継ぎするかのように姿を現す。

 フェリーはマナローラを出るとさらに北上する。コルニ―リアの丘を過ぎ、やがて塔の建つ岬を通過すると、ヴェルナッツァだ。ヴェルナッツァに再び上陸する。
 先ほどは山の方に向かったが、今度はあの岬に行く。建っている塔は、ドーリア城という城の塔であった。塔の上から眺めると、真っ青な海と断崖が織りなす景色、そしてヴェルナッツァの港を間近に見下ろすことができる。高所恐怖症ではなく、その美しさに思わず足がすくむ。

続く
目次へ