ヨーロッパ横断鉄道旅行-第12弾(ピサ→ミラノ)(6)

ヴェルナッツァ
五村(その2)

 リオマッジョーレの船着場に戻り、モンテロッソ行きの船に乗る。本来11時35分発予定だが、混雑のせいで出発は12時前になる。
 船はすぐ北隣の村・マナローラに到着。切り立った崖が半円形の入江を囲んでいる。南側の崖の上には所狭しと住宅が並ぶ。とても心惹かれる村だが、スケジュールを考え、とりあえず素通りする。
 崖が海に迫る海岸をさらに北上する。マナローラの北隣にある村・コリニーリアは崖の上にあるので船着場はなく、通過。やがて、海に突き出た崖の上に円筒形の塔が現れる。船は崖の先に延びる堤防をぐるりと回ると、少し大きな入江に入って停泊する。12時15分。私もここで下船する

 港に面した教会の時計台が印象的なこの村の名はヴェルナッツァ。リオマッジョーレに比べて土地が開けている感じがするが、港から少しだけ坂を上がり、を過ぎると、すぐに狭い谷間となる。海岸の山腹を縫う列車は、このわずかな谷間に停車するのである。
 谷間を囲む両側の山に登っているうちに、あっという間に時間が過ぎる。次の船が出るので急いで港へ。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント