ヨーロッパ横断鉄道旅行-第11弾(ローマ→ナポリ・ピサ)(8)

サレルノ行きIC511(ピサ駅)
ピサ→ローマ

 14時59分、南伊・サレルノ行きのIC511が5分遅れでピサに到着する。1等車は既に満席なので2等車に乗る。2等車も6人乗りのコンパートメントで、何とか座席は確保できたものの、ここも満席気味で廊下にも人が溢れている・・・。列車は15時2分に出発する。

 15時17分、リヴォルノに停車。ここから海岸沿いに走る。往きにも見たはずだが、改めて海岸を眺めると、小さな塔がたくさん建っているのに気づく。もしかすると、かつて海を越えてきたサラセンの海賊の襲撃に備えてイタリアの海沿いの村々に建てられたという「サラセンの塔」なのかもしれない。

 列車は、往きに停車したロジニャーノやチェチナを通過して、代わりに往きに通過したカンピーリア・マリッティマやフォッローニカに停車する。16時25分、グロッセートに停車。冬の太陽は、早くも海中に没しようとしている

 沈んだ太陽に代わって、沿岸の工場群が輝き始める。狙ったものなのかどうかわからないが、こうして見るとなかなか美しくライトアップされているのである。
 17時15分、チヴィタヴェッキアに停車。さらに大勢の乗客が乗ってきて、廊下も満杯だ・・・。列車は海と別れを告げて内陸に入り、アウレリアを通ってローマへ。ヴァチカンの南をかすめてテヴェレ川を渡ると、オスティエンセに停車。17時52分。オスティエンセからはぐるっと大きく左にカーブして、テルミニ駅に停車。18時5分。
 私はここで下車するが、この列車はここで進行方向を変えて、これからサレルノまでの長い旅路に出るのだ。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント