ヨーロッパ横断鉄道旅行-第11弾(ローマ→ナポリ・ピサ)(6)

トリノ行きFB(ピサ駅)
ロジニャーノ→ピサ

 ロジニャーノに停車した列車は、しかしなかなか発車しない。そうこうしているうちに車内放送が入る。何かトラブルに違いない。日本とは異なり、滅多なことでは車内放送が入らないイタリアでは、車内放送が始まっただけでドキリとしてしまう。内容は全く聞き取れないのだが・・・。

 結局、ロジニャーノには10分停車して、9時43分に発車する。次の駅、カスティリョンチェッロを通過。その名の通り、駅前に城が見える。ここからはトンネルが断続し、山が迫った海岸に沿って北に向かう。アンティニャーノを通過すると広がった平地の中に入って行く。これまでにないくらい大きな町が現れる。9時57分、列車はリヴォルノに停車する。予定より27分遅れである。リヴォルノは海岸の港湾都市であり、近代以降はピサに取って代わってトスカーナ第一の港になっている。

 リヴォルノを10時に発車する。港から伸びる広大な貨物用線路が左から合流してくる。運河を渡り、さらに内陸に進む。そして10時14分、列車はピサに停車。ちょうど30分遅れだ。私はここで下車する。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント