ヨーロッパ横断鉄道旅行-第11弾(ローマ→ナポリ・ピサ)

はじめに

 今回の旅は、2つの点で異例であった。
 1つは時期。いつもは春や夏に行くのだが、今回は真冬である。ヨーロッパ横断鉄道旅行-第2弾(アテネ→ブダペスト)以来の真冬のヨーロッパに突入する。
 もう一つは目的地。なぜ2つなのか?ヨーロッパ横断鉄道旅行-第8弾(ミラノ→ヴェネツィア)以来、私はイタリアを南進してきた。イタリアはとても魅力的で、できれば南の端まで行ってしまいたい。だが、それではいつまでたっても「ヨーロッパ横断」という本来の目的を達することができない。けれども、せめてナポリまでは南進したい。そこからは北に転じて先に進もう。今回の旅は、大げさに言えば、そんな私の決意表明なのである。
 つまり、今回の最終目的地はピサであるけれども、その前に、後ろ髪引かれる南伊への気持ちの区切りとしてナポリを訪れたのであった。

 さてイタリアへの旅と言えば、心地良い南風に吹かれながら甘いカンツォーネの調べを聞くシーンに憧れてしまう。だが、いつも書くように旅は甘くはない。冬のイタリアは、浮かれた旅行者の横面を容赦なく引っぱたくのである。

旅の時期
2014年12月~2015年1月

目次

    1・2日目
  1. 洗礼


  2. 3日目
  3. 楽園


  4. 5日目
  5. 絶叫


  6. 4日目
  7. ローマ→チヴィタヴェッキア

  8. チヴィタヴェッキア→ロジニャーノ

  9. ロジニャーノ→ピサ

  10. 斜塔

  11. ピサ→ローマ


  12. 6~8日目
  13. 初詣・御節



遊子日記の目次へ