ヨーロッパ横断鉄道旅行-第10弾(フィレンツェ→ローマ)(5)

ローマ行き快速(SMN駅)
6日目

フィレンツェ→アレッツォ

 ついにフィレンツェに別れを告げる朝が来た。SMN駅に行き、右端のホームからローマ行きの快速列車に乗る。鉄道ファンとして、車両の落書きを見るのは悲しい。特に列車の「顔」と言える前面・後面の落書きには目をそむけたくなる。しかしギリシャと同様、ここイタリアでもこれがありふれた光景になっているのが現実である。

 列車は11時12分に発車する。構内線の中で大きく右カーブして、ボローニャやピサやシエナに向かう線路と分岐すると、スタトゥートを通過。この後、さらに大きく右カーブして、北から来た線路と合流して南に向かう。SMN駅を出発した列車は皆北向きだから、大きく旋回して、ここでようやく南向きになれるわけだ。
 11時18分、カンポ・ディ・マルテに停車。広い構内線の列とフィレンツェの市街地はここで終わり、アルノ川沿いの田園風景の中を進む。
 列車はロヴェッツァーノを通過すると、右に分岐して特急専用線に入る。左に分岐して一般線を進めばアルノ川の渓谷沿いに進むのだが、こちらはさっさとアルノ川を渡ると、長いトンネルを断続的に通過するのみである・・・

 ようやく連続するトンネルを抜け出して、特急専用線からも離脱すると、アルノ川を渡って一般線に合流したところでフィリーネに停車。11時35分。
 一般線の中でも、この区間は単線なようで、まるで高速道路をインターチェンジで下りて村道を走るイメージである。11時41分、サン・ジョヴァンニに停車。ここで対向列車を待つ。次いで、11時48分にモンテヴァルキに停車。ここからは山間部に入る。カーブが連続する。感じの良い山村の駅を次々に通過する。

 再び市街地が現れ、いくつもの線路が合流すると、列車はアレッツォに停車。12時10分。この町も古い歴史があり、ぜひ寄ってみたかったのだが、今回は時間がなく通過する。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント