ヨーロッパ横断鉄道旅行-第8弾(ミラノ→ヴェネツィア)(13)

ドゥカーレ宮殿
ライオンの脚の下で(1)

 そこは、今まで通ってきた狭い路地からは想像できないくらい広い場所だった。右を向けば、三方をぐるりと建物に囲まれた広場、そして左を向けば天に向かって聳え立つ鐘楼を真ん中に据えて、サン・マルコ寺院とドゥカーレ宮殿が左右に並ぶ。広場の北側、広場を取り囲む建物の端には壮麗な時計塔があり、広場の南側、海に面した場所には、ヴェネツィアの守護聖人・マルコのシンボルである翼の生えたライオン像が天に向かって屹立している。これらが一体となって作り出す圧倒的な迫力に、私はまたもや戸惑い、立ちつくしてしまう。

 気を取り直して、まずは鐘楼の右側にあるドゥカーレ宮殿に行こう。規則正しく並んだ真っ白な柱廊の上に、薄茶色の装飾模様の建物が載っている。エレガントでありながらまったく隙がないというこの印象は、この宮殿の主であった、ヴェネツィア共和国総督(ドージェ)のそれなのかもしれない。
 宮殿の中庭はサン・マルコ寺院に面していて、寺院を借景にしたオブジェの配置が見事だ。
 建物に入ると、エレガントさすらなくなる。巨大な部屋と、それを飾る壁画や天井画が見るものを圧倒し続ける。他のイタリアの宮殿で見られるようなエレガントでこぢんまりした印象はない。それは、強大な官僚機構に支えられたドージェの権力の本質を表しているのだろうか。
 からは運河を行き交う多数の船を見ることができる。船の種類こそ変わっただろうが、この景色は昔のものと変わらないのだろう。
 見学コースの最後は、「溜息の橋」を渡り、宮殿とは水路を隔てて向かいにある牢獄へと向かう。かつて牢獄へ向かう囚人がこの世との別れを惜しんだと言われた「溜息の橋」はもちろん建物内の渡り廊下である。牢獄は想像通り陰惨な場所であった。

 ようやくシャバに出ると、今度は広場を取り囲む建物に入る。この建物はかつてのヴェネツィア政庁である。1階は現在ではカフェ(このカフェの歴史も実は相当に古い)、レストラン、土産物店などになっていて、2階より上がコッレール博物館と考古学博物館になっている。
 コッレール博物館の部屋はドゥカーレ宮殿よりも小ぶりだが、タペストリーなどで装飾され、とてもゴージャスだ。やはりイタリア的ではないのだが、どこかで見たことがある。そうだ、このような部屋はオーストリアの宮殿で見たのだった。そして博物館の説明を読んで合点がいった。ナポレオンに敗北した後、ヴェネツィアはハプスブルク帝国領となり、この政庁はハプスブルク家の王宮として一時期使われていたのである。
 考古学博物館は、実は美術館と言った方がいいだろう。ローマ時代の彫像から、壁画・天井画・宗教画までいろいろある。なぜか展示室の各所に現代アートのオブジェがたくさん紛れ込んでいる。

 もう夕方になったので、この日のサン・マルコ広場の見学はここで切り上げ、広場の南側にあるスキアヴォーニ河岸から水上バスであるヴァポレットに乗る。このヴァポレットは大運河に入らず、ヴェネツィア本島の外側を回る。混んでいるので立つ。バスと違ってつり革がないので、船の揺れに耐えるのは大変だ。サンタ・ルチア駅の1つ手前、ローマ広場の停留所で降りてみる。大運河に美しいアーチを架ける新しい橋(カラトラヴァ橋)を渡る。サンタ・ルチア駅はすぐ目の前のはずなのだが、案内板が間違って(?)いたりして、なかなか辿りつけない・・・

 17時36分、ヴィチェンツァ行きの普通列車で出発。列車はみるみるうちに「夢の島」を離れていく。それにつれて高揚していた気分も落ち着いてくる気がする。17時44分、メストレに停車。私はここで下車する。
 サンタ・ルチア駅は文字通り「ターミナル」(終端)であるが、交通の要衝としての「ターミナル」であれば、このメストレ駅の方がふさわしい。ここでは、東のミラノ・ローマ、北東のトリエステ(さらにはスロヴェニア・クロアチア)、北のウディネ(さらにはオーストリア)という3方面からの線路が交差するのである。
 さらに言うと、メストレはヴェネツィア観光の拠点でもある。もちろん本島にも数多くのホテルがあるのだが、狭い路地を通るので重い荷物があるとつらいし、トイレやお風呂も不便と聞く。しかも料金は高い。その代わりに風情は格別であろう。一方メストレにも数多いホテルには料金相当の利便性がある。もっとも料金自体は決して安くはないのだが・・・
 というわけで、私はメストレ駅から少し歩いたところにあるホテルに泊まることにした。

 さて、この日も「8月の試練」は容赦なく待ち構えていた。ホテル近くのレストランはことごとく閉まっている・・・結局、ホテルのバーでポモドーロを食べる。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント