ヨーロッパ横断鉄道旅行-第7弾(ミュンヘン→ミラノ)

はじめに

 私には、ヨーロッパを鉄道で旅するならば必ず通ってみたいところがあった。それはアルプス越えだ。ヨーロッパを大きく南北に分断するアルプス山脈。そこを鉄道が乗り越えて行くには数多くの技術が必要だ。それらの技術に支えられ、列車がアルプスの大自然の中を疾走するところを見たい。
 アルプスには現在たくさんの鉄道が開通している。その中で、どのルートがベストなのか、いろいろ考えて決めたのが今回の旅である。暦の上では5月だが、アルプス山中はまだ雪に覆われていた。それゆえ、厳しい自然に立ち向かう鉄道の姿を垣間見ることができたと思っている。

旅の時期
2013年4月~5月

目次

    1日目
  1. 旅路へ


  2. 2日目
  3. 「狂王」の夢(その1)

  4. 「狂王」の夢(その2)


  5. 3日目
  6. ミュンヘン→プリーン

  7. 「狂王」の夢(その3)

  8. プリーン→ザルツブルク

  9. 山上の調べ


  10. 4日目
  11. 音楽の都


  12. 5日目
  13. ザルツブルク→ビショフスホーフェン

  14. ビショフスホーフェン→ツェル・アム・ゼー

  15. ツェル・アム・ゼー→キッツビュール

  16. キッツビュール→ヴェルグル

  17. ヴェルグル→インスブルック

  18. 借景の街


  19. 6日目
  20. 越境ピクニック(その1)

  21. ドイツの頂上へ

  22. 越境ピクニック(その2)


  23. 7日目
  24. インスブルック→ランゲン・アム・アールベルク

  25. ランゲン・アム・アールベルク→フェルトキルヒ

  26. フェルトキルヒ→サルガンス

  27. サルガンス→クール

  28. クール→トゥージス

  29. トゥージス→フィリズール

  30. フィリズール→プレダ

  31. プレダ→サン・モリッツ

  32. シャンパン味?の町


  33. 8日目
  34. 湖の朝

  35. 北と南の間で

  36. 吹雪の後に


  37. 9日目
  38. サン・モリッツ→アルプ・グリュム

  39. アルプ・グリュム→ポスキアーヴォ

  40. ポスキアーヴォ→ティラノ

  41. ティラノ→ミラノ


  42. 10日目
  43. 街は芸術



遊子日記の目次へ