ヨーロッパ横断鉄道旅行-第2弾(アテネ→ブダペスト)(5)

ビザンティン城壁
6日目

ビザンティンの影

 この日のテッサロニキは曇り空だった。歩いてテッサロニキ駅まで行き、バスターミナルで1日乗車券を買う。そして3番のバスに乗り、市の中心部を一気に横切る。市の中心部の東側、緑に覆われた広い公園の近くで下車する。辺りにはテレビ塔も見える。

 まず、ビザンティン文化博物館に行く。テッサロニキは、アレキサンドロス大王の死後、その後継者の一人であるカッサンドロスによって造られた町である。その後はローマの支配下に入り、東ローマ帝国(ビザンティン帝国)の主要都市として発展する。ビザンティン時代に町を囲んで建てられた城壁は今日でも立派な姿を残しているが、それは前回の旅で見たので、今回は博物館を中心に観光することにする。
 ビザンティン文化博物館では、テッサロニキを中心とするマケドニア地方から出土したビザンティン時代の遺構(一般家屋、教会等)を、広い空間の中で復元していて、とても見ごたえがある。また、ビザンティンの国教であったギリシャ正教で盛んに使われるイコンもたくさん展示してある。

 次に、隣接しているテッサロニキ考古学博物館に行く。ちなみに、ビザンティン文化博物館との共通入場券を買うと少し値引きされる。考古学博物館では主に先史からマケドニア王国時代の遺物が展示されており、マケドニアの古墳から発掘された豪華な金銀の出土品も展示されている(ただし、ヴェルギナからの出土品は見られなかった)。
 博物館の外の庭には、マケドニア古墳から出土した石棺がずらりと並べられている。雨が少ない土地だからこそ(と言っても、この時には小雨が降っていたのだが・・・)可能なことである。また、庭の奥にはローマ時代の家屋の遺跡が復元されていて興味深い。

 海岸まで少し歩いて、ホワイトタワーに行く。まずは、内部のらせん状の階段を一気に登って屋上に出る。ここからはテルマイコス湾やテッサロニキの市街地を一望することができる。そして階段を下りながら、各階の展示を見て行く。この塔は、ビザンティン帝国の後にこの町を支配したヴェネティアが建てた防壁の一部で、さらにその後のオスマン・トルコの時代には監獄として利用され、大勢の囚人が虐殺されたと言われている。
 各階では映像を駆使してテッサロニキの歴史が紹介されており、とても面白いのだが、小部屋がいくつも並んでいるので、そこに一人だけ取り残されることも多い。そんな時は、この塔の血塗られた歴史をふと思い出し、ぞっとしてしまう・・・。

 海岸近くから15番のバスに乗り、テッサロニキ大学の前で下車する。そこから少し歩いたところにあるのが4世紀に建てられた世界遺産・ロトンダだ。ローマ皇帝・ガレリウスの霊廟→キリスト教の教会→モスクと用途を変えながら現在にその姿をとどめている。天井にはモザイク画が描かれていたようだが、かなり剥げ落ちている。壁には足場が組まれ、修復作業が行われているようだ。

 また少し歩いてガレリウスの凱旋門の前から西行きのバスに乗り、市街の中心部で下車する。この辺りには市場やタベルナが立ち並び、かなり賑やかだ。お昼は少し過ぎていたが、タベルナに入って昼食を注文する。いつものグリークサラダに加えて、茄子・ジャガイモ・ミートソースにチーズがたっぷりのったムサカ(グラタンのようなもの)を食べる。これは食感も良く、とてもおいしい。もちろんビールも忘れない。それにしてもボリュームが多い。何とか食べきったところにデザート登場・・・。
 満腹感に苛まれながら、市場を歩く。だが、食べ物の臭いをかいだだけで吐き気がする・・・。市場からは早々に引き上げてホテルに戻る。

 夜、再び外に出る。市場の方に歩いて行ったつもりが港の方に出てしまった。そこで道路の反対車線を走るバスに乗る。1日乗車券があると、こういう時に便利だ。バスは確かに市街の中心部に向かっているのだが、帰宅ラッシュの渋滞に巻き込まれ、遅々として進まない。結局バスを途中で降り、歩いて行く。通りの随所にクリスマスのイルミネーションが点灯している。昼食のせいで、あまり食欲がなかったので、夕食用にサンドイッチ(これもギリシャではメジャーな食べ物だ)、明日の鉄道の旅に備えてパイを買う。
 帰りがけに、ホテルの近くでビザンティンの城壁を見つけた。昼間もそこを通ったはずなのに、気づかなかった。前回の旅行では山側のそれを見たのだが、それが海岸まで伸びているのが、この城壁である。ライトアップされて闇夜に浮かび上がる城壁は、近代的な都市になったこの町も、今なおビザンティンの文化に大きな影響を受けていることを象徴しているかのようだ。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック