シルクロード鉄道旅行-第8弾(ブハラ→テヘラン)(13)

ハラム(3)
6日目

マシュハド

 朝8時、ホテルを出て早くも観光に出かける。イラン第2の都市であり、イラン北東部ホラサーン地方の中心であるマシュハドは、人も車も数が多い。横断歩道があるものの信号のない交差点で両者は激突する。川の奔流のように止めどなく流れ込んでくる車。そのわずかなスキを衝いて続々と道路を渡る人の群れ。慣れない者にとっては、道路を横断するだけで神経をすり減らしてしまう・・・。

 ホテルからわずか徒歩15分ほどの道のりだが、その何倍もかかったような思いをして、ようやくハラメ・モタッハル広場(通称:ハラム)に到着する。ハラムは、イスラム教シーア派8代目のイマーム(最高指導者)であるレザーの聖墓を中心に作られた広場である。聖墓が作られた当初はとても粗末なものだったらしいが、歴代の王や有力者の寄進を受けて次第に発展していった。今でもイラン国内はもとより、外国からも大勢の巡礼者が押し寄せて来る。マシュハドは、このハラムを中心として発展した町なのである。
 広場内部での写真撮影は厳禁なので、参拝者は入口でカメラを預けた上、さらにボディチェックまで受ける。ちなみに入場は無料だ。(入口からある程度離れた所からは写真撮影が可能であるので、入口付近から撮影したり、少し離れた所から撮影(夜景)してみた。)
 広場に入ると、まず国際関係局に行く。ここは外国人巡礼者の接待所で、広場の映像を見せてくれたり、資料をくれたりする。映像や資料には、私達が立ち入れなかったり写真撮影できない場所の映像・画像が数多く含まれているので、とても貴重である。
 国際関係局を出て、ジョムフーリ・イスラーミ広場に出てみると、その光景に圧倒される。正面に聳えるイマーム・レザーの聖墓は、屋根は黄金のドームで、その巨大な入口も黄金に彩られている。聖墓に隣接するマスジェデ・アジーメ・ゴウハルシャードも屋根に大きな青のドームを戴く立派な建物だ。しかし、これらの建物には一般の観光客は立ち入ることはできない。広場の中では、職員の人達が無数の絨毯を敷いている。昼の礼拝用のものである。一体どのくらいの人々がここで礼拝するのだろうか?
 ハラムの中をぐるっと回ってみると、広場や壁そしてミナレット(尖塔)の工事現場があちこちに見える。何と、現在でもハラムの拡張工事が行われているのだ。
 ハラムには博物館が2つある(これらは有料である)。絨毯・コーラン博物館には、ハラムを管理する寺院?が保有する貴重な絨毯や工芸品が展示されている。中にはイランの最高指導者・ハメネイ師が寄贈したものも含まれており、全体としてかなりレベルの高いコレクションだと思う。とりわけ、寄木細工で作られたフサイン殉教図は圧巻だ。中央博物館には、かつてのハラムの建物の遺構の他、各地の有力者などから寄進されたコイン・切手・望遠鏡・海洋生物の標本などが展示されている。全体としてまとまりがなく、展示品のレベルもそれほど高くない感じがするのだが、入場者はこちらの方が多い。

 ハラムを出て、その南東にあるバザーレ・レザーに行く。ここはマシュハドの有名なバザールで、細長い建物の中にたくさんの商店が軒を連ね、これが約1.5kmも続いているのだ。ここには巡礼者が数多く訪れるため、お菓子屋や工芸品・衣類などの土産物を扱う店、礼拝道具を扱う店が多い。工芸品・衣類にはきらびやかなものが多く、私もついつい財布の紐がゆるくなる。(後で気付いたのだが、値段の安いものは見た目が良くても耐久性に問題がありそうだ・・・。)

 ようやく昼食に行く。Mさんにケバブで有名な店に連れて行ってもらう。チキンとビーフを交互に串に刺したケバブを食べる。味は言うまでもなくおいしい。

 昼食後はハラムの北西にあるナーディル・シャー廟に行く。ナーディル・シャーは17世紀末にホラサーン地方に生まれ、サファヴィー朝の滅亡後にアフシャール朝を打ちたて、一時期は現在のトルコ東部からイラン全土・中央アジア・インドの一部にまで領土を拡大した。現在のイランでは人気の高い人物の一人であるようだ。アフシャール朝の時代、マシュハドは首都になり、いっそう発展したと言われている。
 そのような人物であるにもかかわらず、廟は意外とシンプルだ。彼の墓は現代建築の低い屋根に覆われ、その側には当時の武器などを展示する部屋が2つ並んでいる。

 観光はここで終わり、夕方はゆっくり休憩する。

 夜、昼食に行った店に再び行く。今度はマスのような魚を素揚げしたものを食べる。味付けも良く、とてもおいしい。

続く
目次へ

マシュハド



ハラメ・モタッハル広場



バザーレ・レザー



ナーディル・シャー廟

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック