シルクロード鉄道旅行-第8弾(ブハラ→テヘラン)(11)

チキンのケバブ(サラフス)
越境(その2)

 サラフスのトルクメニスタン国境オフィスは、ファラブと同様に建物が小さく、とても古い。その中でも比較的広い部屋に入る。その片側には税関の係官が、反対側には出国審査官がいる。
 まずは税関のチェックを受ける。アシュガバッドの絨毯ショップでもらった証明書を提出したのだが、係官は荷物を全て調べると言い出す。Nさんが抗議したものの、覆らない。結局、絨毯はサイズをきっちり計測され、スーツケースも中身を全てチェックされた。
 出国審査官によるパスポートチェックは、あっさりと終わった。トルクメニスタン側の手続きは、これで完了である。Nさんに別れを告げ、隣の部屋に移動する。隣の部屋には外への出口があった。時刻は10時20分。トルクメニスタン国境オフィスに到着して50分近く経過していた。

 外に出ると、細い一本道が緩衝地帯に伸びているのが見える。この炎天下を何km歩くのだろうかとウンザリしながら歩き始めたところ、兵士に制止される。そして建物のすぐ脇に待機させられる。どうやらここでバスを待つらしい。しばらくして、あの一本道を通ってバスがやって来た。乗り込むのは私一人しかいない。運転手は他の乗客が来るのをしばらく待っていたが、誰もやって来ないので諦めて出発する。
 バスはトルクメニスタン国境オフィスのゲートを抜けると、わずかに草木の生えた広い緩衝地帯に入る。この細い一本道と、そしてすぐ南側に並ぶ鉄路だけが、この広い荒野を横切っている。やがて、荒野を南北に流れている一筋の小川が見える。どうやらここがトルクメニスタンとイランの境界線らしい。小川には、橋板までもが鉄製の橋が架かっているが、幅が狭く、車一台分しかない。イラン側からこちらにやって来るコンテナ車がぎりぎりの幅で橋を渡っているのが見える。
 橋の手前でトルクメニスタンの兵士がバスに乗り込み、私のパスポートをチェックする。そして橋を渡ると、今度はイランの兵士がバスに乗り込み、パスポートをチェックしたかと思うと、そのまま持ち去ってしまう・・・。戸惑っている暇もなく、バスはイラン側の国境オフィスに到着する。ちなみに、このバスは有料である(2009年5月時点では3ドル程度)。

 イランの国境オフィスは、トルクメニスタンのそれに比べると広くて新しく、造りも立派に見える。入口も自動ドアである。パスポートも取られてしまったのでどうすれば良いかわからないが、とりあえず中に入る。広い待合室は仕切りで2つに区切られており、1箇所だけ狭い通路が開いている。仕切りの向こう側(おそらく出国者用の待合室)から私に声をかける人がいる。ここで待ち合わせる約束になっていた日本語ガイドのMさんだ。
 しばらくして、再びMさんが私に声をかけ、2人で仕切りの向こう側にある入国審査官の部屋に入る。審査官の手元には私のパスポートがある。考えてみれば当然のことだが、パスポートは回収されていたに過ぎないのだ。ここでは、住所から勤務先の情報にいたるまで細かい質問が行われ、さらには左右の指の指紋をしっかり採取される。
 次いで医務室に行き、医師の診察を受ける。これは新型インフルエンザ対策なのであろう。
 そして最後に、入国審査官が再度チェックを行う。彼は私のビザを穴が開くくらいに様々な角度から念入りに眺めて偽造でないことを確認し、ビザの写真と私の顔を何度も見比べる。こうして(陸路ゆえの?)厳重なチェックを終えてようやくイランに入国を果たした。時刻はイラン時間の11時30分頃(イランはこの時サマータイムで日本時間-4.5時間、トルクメニスタンは日本時間-4時間なので、トルクメニスタン時間では12時頃)だ。イラン国境オフィスでも1時間ほどかかったことになる。

 どこの国でも先立つものはお金ということで、国境オフィス内の銀行で早速両替を行う。100ドルを両替すると980000イランリヤール(2009年5月時点)となり、10000リヤールの札束となる。国境オフィスを出てタクシーに乗り、サラフスの町に入る。町のレストランで昼食をとる。初めてイラン料理を口にする。
 まずはスープ。トマトや麦などの穀物を煮込んだもので、イランではスタンダードなものらしく、私もその後毎日のように口にすることになる。メインはチキンのケバブ。イランでもケバブがメジャーな食べ物であるようだ。イランの米は少し変わっている。日本の米よりも細長い。また、水分が少なくパサパサしているので、付け合せのバターが欠かせない。少しだけ入っているサフランライスが特においしい。
 初めてのイラン料理を満喫した後、再びタクシーに乗って、いよいよ列車に乗るためにサラフス駅へと向かう。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック