シルクロード鉄道旅行-第8弾(ブハラ→テヘラン)

はじめに
 今回で8回目となるシルクロード鉄道旅行であるが、ここで初めて大きな困難に遭遇した。中国の北京からウズベキスタンのブハラまで、1本につながった鉄路を乗り継いでやって来れたのだが、今回トルクメニスタンを通るにあたって、鉄路が途切れるという事態に直面せざるを得なくなったのだ。
 「鉄路が途切れる」というのは実は正確ではない。なぜなら線路自体はウズベキスタンからトルクメニスタンへ、そしてトルクメニスタンからイランへと確実につながっているからだ。しかし、これらの国境をまたぐ旅客列車は存在しない(2009年5月現在)。すなわち鉄路は閉ざされているのだ。
 1本につながった鉄路を行くためにルートを変更すべきか、私は相当悩んだ。だがルートを変更すれば、それはシルクロードを大きくはずれることとなってしまう。この旅は、やはりシルクロードを行くものでなければならない。結局、鉄路が閉ざされた区間は車で行くことにした。
 このように、計画段階から大きな壁にぶち当たってしまった今回の旅ではあるが、いざ赴いてみると、雄大なシルクロードの風景や文化に出会う素晴らしい旅となった。

旅の時期
2009年4月~5月

目次

    1日目
  1. スタート地点へ

  2. ブハラ→ファラブ(閉ざされた鉄路 その1)

  3. 越境(その1)

  4. ファラブ→トルクメナバット(閉ざされた鉄路 その2)

  5. トルクメナバット→アシュガバッド


  6. 2日目
  7. アシュガバッド(1)


  8. 3日目
  9. アシュガバッド(2)

  10. アシュガバッド→マリー


  11. 4日目
  12. メルヴ


  13. 5日目
  14. マリー→サラフス(閉ざされた鉄路 その3)

  15. 越境(その2)

  16. サラフス→マシュハド


  17. 6日目
  18. マシュハド


  19. 7日目
  20. マシュハド→シャーフルード

  21. シャーフルード→テヘラン


  22. 8日目
  23. テヘラン(1)


  24. 9日目
  25. テヘラン(2)


遊子日記の目次へ