高山本線の旅(6)

多治見行き普通列車と特急「ひだ」(美濃太田駅)
岐阜→美濃太田(高山本線)

 バスがJR岐阜駅前に着いた。丸一日楽しい寄り道をしたが、いよいよ高山線に乗る時が来たのだ。

 全て高架になっている岐阜駅のホームに多治見行きの普通列車が入線する。キハ11系2両のワンマン列車だ。12時14分に出発する。列車は東海道線の上下線の間を走り、やがて一人地上に下りて行く車窓の遠景には、先程登った金華山も見える。那加の辺りから名鉄線と並走する。12時41分、鵜沼に到着する。並走していた名鉄線は、ここから進路を南に変える。ちょうどそのカーブの所に新鵜沼駅が見える。
 12時44分、鵜沼を出発する。駅を出た所で、以前にも触れた名鉄線から伸びる線路と合流する。やがて列車は木曽川の岸辺に近づく。いくつものトンネルの間に、前日川下りをした木曽川の美しい景色が見渡せる。この景色が坂祝まで続く。12時55分、列車は美濃太田に到着する

 美濃太田から列車は太多線に入って多治見へと向かうので、私はここで下車して高山行きの列車を待つ。待っている間にも、特急「ひだ」や普通列車が次々とやって来る。また北寄りのホームには、北濃方面へ向かう長良川鉄道の1両ワンマンカーが停車していて、旅情をかきたてる。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック